NEW

【iPhone 14 Pro】を購入するのに「何日働く必要があるか」を算出したグラフが話題!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

近年、「iPhoneは高い」というイメージが日本全体で広く浸透している。たしかに、1台10万円を突破したときにも驚きを隠せなかったが、先日発表された「iPhone 14」では全機種が10万円オーバー。30万円近くになる機種も登場し話題となった。

今回は、そのようなiPhoneの価格を世界的に比較した調査結果についてお伝えしていきたい。

「iPhone 14 Pro(128 GB)を購入するために必要な働く日数」が算出される

『iPhone 14 Pro(128 GB)』を購入するのに何日働く必要があるかを算出したグラフ
『iPhone 14 Pro(128 GB)』を買うのに何日働く必要があるかを算出したグラフ。日本は“良くもなく悪くもない”といった順位だ(「Picodi」調べ)

ウェブメディア「Picodi」は9月8日、「現地の『iPhone 14 Pro(128 GB)』を購入するのに何日働く必要があるか」を算出したグラフを公開した。対象機種が「149,800円(税込)」と設定された日本の数値は「11.9日」となり、「11.4日」のオーストリアについで21位となった。

1位に輝いたのは「スイス」でわずか「4.6日」だ。平日5日とすると1週間分の給料で購入できる計算だ。2位には「アメリカ」で「5.7日」、3位「オーストラリア」は「6.1日」という数字を記録した。

一方で、下位に目を転じると、最も日数が長かったのは「トルコ」で「146.7日」。かつて“給料3カ月分の指輪”といったフレーズも流行したが、現代では“給料5カ月分のiPhone”となるようだ。そのような圧倒的な日数のトルコに、「フィリピン」(90.9日)、「ブラジル」(74.2日)が続くランキングとなった。

「日本は給料が上がらず、物価ばかり上がっている」といった話は最近よく聞かれるが、このグラフを見る限り日本も捨てたものではない…のかもしれない。

『iPhone 13 Pro (128 GB)』を購入するのに何日働く必要があるかを算出したグラフ
『iPhone 13 Pro (128 GB)』を買うのに何日働く必要があるかを算出したグラフ。スイスは毎年不動の1位となっている(「Picodi」調べ)

同調査は今回で5回目を迎える。さかのぼって見てみると、2021年には「iPhone 13 Pro(128 GB)」で算出され日本は「10.2日」で14位だった。2020年の「iPhone 12 Pro(128GB)」では「9.8日」で14位、2019年も「iPhone 11 Pro(64GB)」は「8.4日」の8位だった。数年前は1桁日数だったものの、2021・2022年とiPhone自体の値上げとともに、ジリジリ増えてきている様子がわかる。

実は今回調査対象となったiPhone 14 Proは、日本国内でも人気機種となっている。グッドセンス合同会社が実施したiPhone…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合