NEW

Zenly(ゼンリー)あらためて「サ終」報告をツイート。惜しむ声とさまざまな反応

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

9月に入って早々にサービス終了(サ終)を報告し大きな話題となっていた位置情報共有アプリ「zenly」。その後、サ終報告ツイートが削除されたことで「存続の可能性もあるのか?」とファンに期待を持たせていたものの、あらめて終了報告ツイートが発表されファンは落胆を隠しきれないようだ。

今回は、そのような騒動の顛末についてお伝えしていきたい。

zenly、サービス終了をあらためて発表

10万件の“いいね”は「今までありがとう」というユーザーの数だろうか

zenlyの公式Twitterアカウントzenly japan(@ZenlyJP)は9月14日、「zenlyをお使いの皆さまへ」からはじまる新たなツイートを投稿した。その内容は「zenlyがサービスを終了すること」、「終了の具体的な日程は未定だが『近い将来』であること」、「終了の日程は『必ず事前に案内する』という約束」といったものだった。

zenlyなどの位置情報共有アプリとは、その名の通り特定のメンバーの間でメンバーの位置情報を共有しあうアプリのこと。子ども用の見守りアプリなどとしても“市民権”を得ているジャンルのアプリだ。30代40代のサラリーマンには理解しがたいかもしれないが、近年は若年層の間で、お互いの現在位置を知ることができるアプリが流行しているのだ。

しかし9月1日、位置情報共有アプリの代表格でもあるzenlyのサ終が宣言され、ユーザーは大慌て。運営会社の経営悪化による事業整理の余波だったため、ネット上では「他企業がサービスを買い取って引き継いでほしい」といったユーザーの声も多く見られた。そのあたりの詳細は過去記事を参照いただきたい。

大人気アプリの終了がもたらす影響はどれほど?

9月1日に投稿された最初のサ終報告ツイートが削除され「終了撤回か?」「買い取る企業が出てきたか?」などの期待もふくらんだものの、14日に再度終了が…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合