NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『初恋の悪魔』は坂元裕二にしか書けない刑事ドラマ、多重人格女性の気になる結末

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】, ,
「初恋の悪魔|日本テレビ」より
初恋の悪魔|日本テレビ」より

 土10(日本テレビ系土曜夜10時枠)で放送されている『初恋の悪魔』は、異色の刑事ドラマだ。

 物語は神奈川県警堺川警察署の総務課職員・馬淵悠日(仲野太賀)、会計課職員・小鳥琉夏(柄本佑)、生活安全課の刑事・摘木星砂(松岡茉優)、そして休職中の刑事課の刑事・鹿浜鈴之介(林遣都)の4人が、鹿浜の家で捜査権のない事件について自宅捜査会議を行い、事件の真相について“考察”する様子が、一話完結で描かれていく。

 同時に展開されるのが、馬淵悠日の兄・朝陽(毎熊克哉)が捜査中に転落死した事件の謎だ。朝陽の死は事故死として処理されたが、朝陽の友人だった堺川署の署長・雪松鳴人(伊藤英明)は朝陽のスマホが紛失していたため、朝陽は署内の誰かに殺されたのではないかと思い、兄の死の真相について調べるよう馬淵に命令していた。

 脚本は坂元裕二。『カルテット』(TBS系)や『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)等の作品で知られている坂元裕二の脚本は、軽妙で奥深い会話劇と、まったく予想ができないストーリー展開が高い評価を得ており、ドラマファンからは熱狂的に支持されている。

 チーフ演出の水田伸生とプロデューサーの次屋尚は、日本テレビで『Mother』『Woman』『anone』といった坂元裕二のドラマを手がけてきたコンビ。そのため、放送前から本作の期待は高まっていたのだ。

 しかし、『初恋の悪魔』は一話完結の刑事ドラマという、これまでの坂元裕二作品とは違うジャンルだったため、ファンからは戸惑いを持って受け止められた。

 一方、刑事ドラマを求める視聴者にとっては、馬淵たち4人が事件の被害者や加害者と直接やりとりする刑事ドラマならではの見せ場が描かれないため、盛り上がりに欠ける作品と映っていた。

 つまり序盤は、坂元裕二ファンにとっても刑事ドラマファンにとっても居心地の悪い作品となっていた。

 また、本作には「考察」という言葉が頻繁に登場する。『あなたの番です』(日本テレビ系)以降、テレビドラマでは散りばめられた事件の謎を視聴者が考察して犯人探しを楽しむ“考察ドラマ”が盛り上がっている。

『初恋の悪魔』も朝陽の殉職の謎を筆頭に、さまざまな謎が散りばめられているのだが、事件を通して描かれるのは「第三者の身勝手な“考察”がいかに暴力的で、当事者を傷つけるか」という批判的視点だ。その意味で、本作は“考察”自体を批評的に描いた考察ドラマだと言える。

 こういった批評的な視点が、ドラマとしての盛り上がりを削いでいたため、視聴者の多くは序盤に脱落し、視聴率の面ではだいぶ苦戦している。

 だが、物語が中盤に入り、馬淵たち4人の人間関係が複雑なものに変わっていくと、坂元裕二ファンが期待する人間ドラマとしてのおもしろさが増していった。

 そして、朝陽の殉職の背後にある大きな事件が見えてくると、考察ドラマファンの注目も集まるようになり、話数を重ねるにつれて視聴者の盛り上がりは高まってきている。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合