NEW

バナナマン、テレビ業界ウケが異常に良い理由&サンドウィッチマンとの最大の違い

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
「バナナサンド - TBSテレビ」より
バナナサンド – TBSテレビ」より

 有吉弘行がこの秋から、月曜から日曜まで全曜日のゴールデン(19~22時)、プライム(19~23時)のテレビ番組を制覇することがわかった。現在、火曜の23時45分から放送されている『有吉クイズ』(テレビ朝日系)が火曜20時に昇格。これで7日間、有吉がGP帯のお茶の間を独占する。

 そんな中、同じようにほぼ毎曜日、ゴールデンタイムに出ているお笑いコンビがいる。それがバナナマンだ。月曜は『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)、火曜は『バナナサンド』(TBS系)、木曜は『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)、金曜は『沸騰ワード10』(日本テレビ系)、土曜は『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)と計5番組。

 また、彼らは金曜深夜にTBSラジオの『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』を担当。さらに、設楽統は平日午前に『ノンストップ!』(フジテレビ系)という月曜から金曜までの帯番組の司会を務め、加えてコンビとしては日曜深夜に放送されている『乃木坂工事中』(テレビ東京系)のMCでもある。

 同じように毎曜日のテレビに出ているサンドウィッチマンは『M-1グランプリ2007』(テレビ朝日系)の優勝を契機に大ブレイクしたが、バナナマンは気づけばここまでのし上がってきたイメージがある。その背景は? また、彼らしか持ち得ない安定感とは?

さまざまなジャンルの番組出演

 若手時代は、いわば“その他大勢”だった。さらにさかのぼれば、チョイ役の俳優として2時間のサスペンスドラマ枠『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日系)にも2人で出ていたこともあるほどだ。そんな彼らが、どうやってそこから脱したのか? 
 
「まず、あらゆるジャンルの番組で爪痕を残したことが挙げられます。2007年放送の第20回『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)では日村勇紀がカンニング竹山とともにに初優勝し、リアクション芸で認められました。また、深夜のバラエティ番組『虎の門』(テレビ朝日系、2001~08年)でバナナマンの2人は『話術王決定戦』に参戦。同企画は、同じ話をいかにおもしろく伝えられるかの話術を競うものなのですが、第2回は日村が、続く第3回で設楽も相次いで優勝し、コンビで連覇しています。

 さらに、『ウンナン極限ネタバトル!ザ・イロモネア~笑わせたら100万円!!~』(TBS系)では合計4回100万円を獲得(3回はコンビで、残り1回は設楽が『ピンモネア』というスピンオフ企画で優勝)。これによって、テレビ向けの一発ギャグなど即興性、瞬発力がものを言う企画でも存在感を見せつけました。しかも、本業のコント師としては『キングオブコント2008』(同)で準優勝と、地道ではありますが、各分野できちんと結果を残し、自分たちの技量を披露しているのです」(テレビ業界関係者)

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合