NEW

10月期・話題の連ドラ総ざらい…意外な注目作はドクターX姉妹版&エルピス?

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ・フジテレビ系)の公式サイトより
『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ・フジテレビ系)の公式サイトより

 10月から、今年の締めくくりとなる民放テレビ各局の秋の連続テレビドラマが一斉にスタートする。今回は各局の連ドラを総ざらいしつつ、注目すべき作品を紹介していきたい。

 まず、日本テレビ系では「水曜ドラマ」枠で『ファーストペンギン!』(奈緒主演)、「土曜ドラマ」枠で『祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~』(Kis-My-Ft2・玉森裕太主演)、「日曜ドラマ」枠で『霊媒探偵・城塚翡翠』(清原果耶主演)が放送される。

 このなかで注目なのは、玉森が研修医・諏訪野良太役を演じる『祈りのカルテ』。原作は知念実希人氏の医療ミステリー小説『祈りのカルテ』(KADOKAWA)シリーズで、人の顔色を読むことに長けている諏訪野がワケありな患者たちと真摯に向き合っていく姿を描くドラマ。玉森以外のキャストとしては、池田エライザ、矢本悠馬、濱津隆之、元乃木坂46・堀未央奈、YU、椎名桔平、松雪泰子の出演が発表されている。

 7月期の日テレ「土曜ドラマ」枠で放送されたのは『初恋の悪魔』(林遣都と仲野太賀のダブル主演)で、第1話の世帯平均視聴率6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で発進後、3.8%(第3話)まで落ち込んだことも。9月10日に放送された第8話も4.7%と、不調が続いている。

 同枠は、21年10月期放送の『二月の勝者-絶対合格の教室-』(柳楽優弥主演)が全話平均7.5%を記録して以降、22年1月期の『逃亡医F』(成田凌主演)で同7.4%、『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(ディーン・フジオカ主演)で同5.7%と、歴代ドラマの最低視聴率を更新中で、このままいくと『初恋の悪魔』がワーストに躍り出る見込み。

 だが、『祈りのカルテ』は人気の医療モノでミステリー要素を含むという、比較的数字を取りやすい作品になりそう。同じ医療ドラマでも『逃亡医F』はコケてしまったわけだが、シリアスな雰囲気の同作に対し、『祈りのカルテ』は「ハートウォーミング・ミステリー」を掲げているとあって、まったく毛色が違うだろう。

 また、玉森は今年7月期の深夜ドラマ『NICE FLIGHT!』(テレビ朝日系)から2クール連続主演と勢いがある。彼なら、日テレ「土曜ドラマ」枠の視聴率不振を食い止められるかもしれない。

TBS

 お次はTBS系。「火曜ドラマ」枠にて『君の花になる』(本田翼主演)、「金曜ドラマ」枠にて『クロサギ』(King&Prince・平野紫耀主演)、「日曜劇場」枠にて『アトムの童』(山崎賢人主演)を放送予定。そんなTBSの新ドラマで注目すべきは、『クロサギ』と『アトムの童』だ。

『クロサギ』の原作は、黒丸氏の作画と夏原武氏の原案で「週刊ヤングサンデー」や「週刊ビッグコミックスピリッツ」(ともに小学館)で連載していた同名漫画シリーズ。2006年、当時ジャニーズ所属でNEWSのメンバーだった山下智久主演で連ドラ化され、全話平均視聴率15.7%を記録。08年には、やはり山下主演で『映画 クロサギ』も公開された。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合