NEW

『ちむどんどん』黒島結菜は炎上女優?朝ドラの呪縛に苦しんだ夏菜という前例

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
「NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』」より
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』」より

 世紀の炎上作の終了まで、あと10日ほど。連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)が9月30日にエンディングを迎える。視聴者の中には「いつ終わるんだ?」「打ち切りでいい」など、むしろその終焉を心待ちにしていた人もいるかもしれない。『ちむどんどん』の後を受けて10月3日から始まる朝ドラ第107作は、NHK大阪が制作を担当する『舞いあがれ!』。空とパイロットに憧れるヒロインを福原遥が演じる。

 ここで気になるのは、『ちむどんどん』ヒロインの黒島結菜の今後だ。

「もともと彼女は、同作の脚本を手がける羽原大介による連続テレビ小説『マッサン』(2014年後期)で朝ドラ初出演を果たし、翌15年4月26日放送の第17回から『花燃ゆ』で大河ドラマ初出演。17年には土曜時代ドラマ『アシガール』に主演として抜擢されるなど、一貫してNHKに出続けてきた、いわばNHKの“秘蔵っ子”です。そして、満を持して朝ドラヒロインに起用されましたが、『ちむどんどん』では作品に恵まれたとはいえない結果になってしまいました。そんな彼女は、10月から民放ドラマに出演します」(テレビ業界関係者)

 黒島が出演するのが、King & Prince・平野紫耀が主演する金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系)だ。同作は、ジャニーズ事務所の先輩・山下智久が2006年に主演した大ヒットドラマの、いわば“リメイク”。山下によるオリナジル版は全11話で平均世帯視聴率15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、彼が歌った主題歌『抱いてセニョリータ』は80万枚以上のセールスをマークした。

「16年前の“遺産”を引っ張り出して、何とか平野を単独主演ドラマでも数字が稼げる俳優にしたいという、TBSとジャニーズの意図が透けて見えます。そんな平野の相手役という、大事なポジションを務めるのが黒島です。オリジナル版では堀北真希が演じていました」(同)

 彼女にとっては朝ドラ後初めての民放ドラマとなるだけに、今後の女優人生を占う意味でも大事な作品になりそうだ。ここで簡単に、他の朝ドラヒロインの民放進出について振り返っておこう。

朝ドラヒロイン後に苦しむ女優が続出?

『あさが来た』(2015年後期)の主演の座を射止めてブレイクしたのが波瑠。翌16年4月クールには大野智主演の水曜ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)のヒロインを務め、大野演じる気難しいホテルの社長に振り回される中途採用の社員を好演し、評価を高めた。しかし、間髪入れず同年7月クールに『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ系)で民放連ドラ初主演を務めたものの、全話平均の視聴率は8.1%と不振に終わった。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合