NEW

サブスクは音楽業界を救ったか… 川本真琴の「地獄に堕ちて」発言で物議

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
「地獄に堕ちてほしい」川本真琴、楽曲のサブスク巡る不平等に憤る の画像1
「Makoto Kawamoto Official Web」より

 90年代に「愛の才能」「DNA」「1/2」などのヒットを飛ばしたことで知られるシンガー・ソングライターの川本真琴が、音楽のサブスクリプションサービス(定額聴き放題)について「システムを考えた人は地獄に堕ちてほしい」などと発言して物議を醸している。

 川本は20日に自身のTwitterで、歌手の七尾旅人がファンに向けて「生き残らせたい『推しミュージシャン』が居たら、コスト回収率の高いCDを一応買ってあげて(中略)サブスクでも聴きまくってあげると次作やアナログを出せる可能性が高まる」などと推しミュージシャンへの支援方法を説明した投稿をリツイート。

 それに続いて、川本は「サブスクでの利益がどれだけ少ないかを知ってほしい」「サブスクというシステムを考えた人は地獄に堕ちてほしいと思っている」と記し、サブスクサービスの報酬の少なさについて恨み節を炸裂させた。

 その一方、川本は「じゃあ、サブスクやめればというかもだけど、CDデッキを持ってない人も多くなって、どないしろという現実」と嘆き、解決策のない現状への歯がゆさを明かしている。

 今年2月、川本はデビュー25周年を記念してソニー・ミュージック在籍時代の全音源のサブスク配信を解禁。当時は「配信の時代ですので、いろんな年代の方に気軽に聞いてもらえたらです!」と意気込んでコメントしていたが、それから約7カ月を経てサブスクへの考えが大きく変わったようだ。

 現在、SpotifyやApple Musicなど月額1000円前後で聴き放題になるサブスクサービスが台頭し、スマホを通じて音楽を楽しむ人が急増している。とくに若年層は川本が指摘したように「CDを再生する機器すら持っていない」という人が珍しくない。音楽業界もこの流れは無視できず、B’z、サザンオールスターズ、松任谷由実などの大物も含めて多くのアーティストがサブスク解禁に踏み切っている。

 しかし、以前からサブスクサービスは「アーティスト側への配分率が少なすぎる」と指摘され、国内外で問題視されてきた。昨年時点で、1再生あたりのアーティスト収入の平均単価はSpotifyが0.27円、Apple Musicが0.81円ほどと推定されている。この金額では、よほどの大物ミュージシャンや超人気曲でもない限りはまとまった収入を得られそうにない。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合