NEW

堀江貴文、「松本人志が一番つまんない。何が面白いのか」発言に賛否両論で物議

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
堀江貴文、「松本人志が一番つまんない。何が面白いのか」発言に賛否両論で物議の画像1
YouTubeチャンネル「堀江貴文 ホリエモン」より

 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が、お笑いタレントの松本人志(ダウンタウン)について「一番つまんない」「何が面白いのか、さっぱり分かんない」と発言。さらに石橋貴明(とんねるず)についても「芸風自体はあんま好きではないです」と口にし、2人の大御所芸人を酷評したとして物議を醸している。

 堀江氏は18日に配信されたYouTubeチャンネル「サウナノフタリ」の動画「NGナシのホリエモンに答えにくそうな質問ぶつけてみた」に出演。対談相手の編集者・箕輪厚介氏から投げかけられる「最近読んだ中で一番好きな漫画は?」「一番ハマったゲームソフトは何?」「最近、何で泣いた?」「今、一番グッとくる女性タレントは?」といった質問に本音で回答していった。

 そんななか、「好きな『M-1グランプリ』王者は?」と聞かれた堀江氏は、「M-1で面白いと思ったことがない」と即答。「M-1をディスってたら、M-1好きのヤツに(番組を)見せられた」ことがあるものの一回も笑えなかったといい、「ガチで笑えなかった」と断言。その理由について「オチが予測できるっていうか、台本の作り込みが甘いね」と解説した。

 一方、好きな芸人として「最近では、お笑いではハンバーグ師匠。圧倒的にハンバーグ師匠」と、井戸田潤(スピードワゴン)が扮する人気キャラ「ハンバーグ師匠」の名前を挙げ、「この間さ、たまたまさ、東京駅で糸田さんに会ってさ」というエピソードを披露。「その前は俺、小島よしおが好きだった」と告白し、箕輪氏から「お笑い偏差値20」とツッコまれていた。

 すると堀江氏は「いいのよ、それが。逆にもう作り込めば作り込むほど、なんか面白くなくなっちゃうっていうか」と持論を展開し、「ダウンタウンのさ、松本(人志)さんとかのお笑いが俺、多分、一番つまんないと思ってる派。何が面白いのか、さっぱりわかんない」と発言。

 さらに松本といえばこれまで映画監督として『大日本人』『しんぼる』『さや侍』『R100』を手掛けているが、堀江氏は「松本さんの映画も観に行ったんだけど、マジでつまんなかった」「映画、全部コケた」と酷評。

石橋貴明にも否定的なコメント

 加えて、堀江氏は22日には自身のTwitterに寄せられた「ダウンタウン派かとんねるず派かではやはりとんねるず派でしたか?」というリプライに対し、「どっち派でもないです」「イジメなのかイジリなのかパワハラ系の石橋さんの芸風自体はあんま好きではないですね」と石橋貴明の笑いにも否定的なコメントを投稿したため、一連の堀江氏の発言をめぐってちょっとした炎上状態となり、SNS上では次のように賛否両論の声が出ている。

堀江貴文、「松本人志が一番つまんない。何が面白いのか」発言に賛否両論で物議のページです。ビジネスジャーナルは、芸能・エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!