NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

リメイク批判が一転、称賛される『六本木クラス』最終回は“ザ・韓国ドラマ”炸裂か

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
「木曜ドラマ『六本木クラス』 - テレビ朝日」より
木曜ドラマ『六本木クラス』 – テレビ朝日」より

 放送前から嵐のような批判にさらされたほか、香川照之のスキャンダルなど、何かと先行きが危ぶまれたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)が9月29日夜、いよいよ最終話を迎える。

 放送前から批判を受けた原因は、「韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメイクをしたこと」にほかならない。そのいわば、リメイク批判は「なぜ韓国ドラマなのか」という単なる嫌韓の人から、「原作超えは無理。劣化版になるだけ」という原作ファンまで、強烈な否定で埋め尽くされていた。

 その状態は放送開始後も「リメイクではなく原作のコピーだった」「日本版の意味は?」などと変わらなかったが、中盤に入った頃からムードが一変する。視聴率が右肩上がりになったほか、録画や配信の数値が好調であることが明らかになり、SNSにも称賛の声が目立つようになった。

批判が「おもしろい」に変わった理由

 中盤に入ってリメイク批判がほぼ消えたのは、主に原作ファンが批判の声をあげなくなったことが大きい。「原作のコピー」と揶揄されるほど忠実にリメイクしたことで、原作ファンとしては叩く要素が薄れ、徐々に沈黙していった。

 そもそも「ヒットした」といっても、そこは特定の有料会員だけが見るNetflixでの話。「原作を見たことがない」という人の方が圧倒的に多いのだが、原作ファンが批判しなくなったことで、彼らが「おもしろい」という声をあげやすいムードが生まれた。

 その「おもしろい」という評価の大半を担っているのは、復讐劇、ラブストーリー、若者群像劇という3つのエンタメ性を併せ持つストーリーにほかならない。

 宮部新(竹内涼真)と長屋茂(香川照之)の下克上バトルにはヒリヒリとした緊張感が漂い、その新をめぐる楠木優香(新木優子)と麻宮葵(平手友梨奈)の三角関係はドキドキと切なさを感じさせ、「二代目みやべ」に集う新、葵、内山亮太(中尾明慶)、綾瀬りく(さとうほなみ)の絆には心が熱くなる。特に原作を見ていない視聴者たちは、純粋にこれら3つの連続したストーリー性を楽しんでいた。

 また、俳優たちのやや過剰なくらい熱を込めた演技が夏にフィットしていたこと、葵を演じる平手への称賛が急激に高まったこと、他の夏ドラマが一話完結の無難な構成ばかりであることなども追い風になった感がある。

 韓国ドラマを忠実にリメイクしたことで、前述した3つのエンタメ性を持つストーリーの魅力を損なうことがなかった反面、「悪人の描き方が大げさで単純すぎる」「暴力的なシーンがムダに多い」などの弊害があった。さらに、香川照之のスキャンダルが無用な批判を招いたことは間違いないが、ストーリーへの興味は、それらでは揺るがないレベルにまで高まっていたのだろう。

 終盤に入ると原作を見た人々からも、俳優の好みや放送話数の短さなどから、「私は『梨泰院クラス』より『六本木クラス』の方が好き」という声も見られるようになるのだからわからないものだ。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

リメイク批判が一転、称賛される『六本木クラス』最終回は“ザ・韓国ドラマ”炸裂かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!