NEW

錦織一清、警察沙汰で「いつか刺されるかも」ジャニーズ辞めても悩まされるストーカー問題

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
錦織一清、警察沙汰で「いつか刺されるかも」ジャニーズ辞めても悩まされるストーカー問題の画像1
KAZUKIYO NISHIKIORI OFFICIAL SITE「Uncle Cinnamon」より

 かつて少年隊のリーダーとして一世を風靡し、現在はフリーで俳優・演出家として活動している錦織一清が28日、命の危険を感じるような警察沙汰のトラブルがあったことを報告。一部ファンの迷惑行為によって「セキュリティ上の理由」からTwitterの公式アカウントを閉鎖する事態となっている。

 錦織は28日の早朝4時ごろ、自身のTwitterで「いや~今迄警察沙汰で大変でした。マネージャーが居ない僕。いつか刺されるかも…」とつぶやき、何らかのトラブルに見舞われたことを明かした。

 その後、公式サイトが「ファンの皆様へお願い」と題した文書を掲載。「最近、一部ファンの方による錦織一清及び関係者へのプライベートエリアでの追跡行為や常識を逸脱した出待ち行為、移動車両に乗り込もうとしてくる等プライバシーを著しく侵害する行為がいくつか確認されており、警察に通報・相談をする事態となっております」とし、一部ファンが異常な迷惑行為をしていると発表した。

 さらに、ファンコミュニティ内のトークDMで「1日に何十回もメッセージを送る」「会ってほしい、近くにいる等の文言やユーザー自身の個人情報を送る」といった行為をしている者もいるといい、「くれぐれもこれらの行為はおやめいただき、節度ある応援活動をしていただきますよう、何卒お願い申し上げます」と呼びかけられた。該当者については、すでに警察への通報・相談をしているという。

 また、公式Twitterでは「既にファンクラブでお伝えしている通り、この度セキュリティ上の理由からTwitterアカウントを閉鎖させていただきます」とする文書が公開され、アカウント閉鎖が決定した。

 こうした事態を受けて、ファンからは「せっかくSNSに降臨してくれたのに、迷惑ファンのせいでまたニッキが遠くへ行ってしまった」「アカウント閉鎖は残念だけど安全が一番です」「一部の迷惑なファン、推しを苦しめてどうするの?」といった声が寄せられている。

 錦織は植草克秀、東山紀之との3人で少年隊として活躍し、2020年末をもって植草と共にジャニーズ事務所を退所。ジャニーズ時代はベテランかつ功労者ということで周囲に必ずマネージャーやスタッフがいる環境だったと思われるが、退所後は本人がコメントしているように「マネージャーなし」で動いていたようだ。

錦織一清、警察沙汰で「いつか刺されるかも」ジャニーズ辞めても悩まされるストーカー問題のページです。ビジネスジャーナルは、芸能・エンタメ、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!