NEW

キャッシュレスの不正利用被害が急増中、盗用手口とその対策法とは?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年のクレジットカードの不正利用被害額は330億円となり、過去最高額を更新しました(日本クレジットカード協会発表)。とくにカード番号盗用被害額については94%(311億円)とほとんどを占めています。「カード番号盗用被害」とは、カードそのものの盗難や偽造・変造を伴わず、クレジットカード番号などの情報だけで不正に決済されることです。これは、コロナ禍に伴ってEC展開が増えたことにより、それを狙った不正者が増えたことが影響しています。

多様化する不正利用の手口

「カード番号盗用被害」とは、カード所有者が気づかぬうちに情報を盗み取られ、カードを悪用されることです。手口は「個人狙いのフィッシングメール」「サイトから別ページに誘導」「サイトに不正アタック」などさまざまです。

「フィッシング詐欺」による不正利用に注意

インターネットやスマホで利用できるサービスが普及したことで、インターネット上にあるアカウント情報(ユーザーID、パスワードなど)、クレジットカード番号、暗証番号等の重要な情報を窃取し、本人になりすます「フィッシング詐欺」による不正利用の被害が多数発生しています。その中でも、EC利用者の増加に伴い、Amazonや楽天といった企業になりすましたフィッシングメールが横行しています。

キャッシュレスの不正利用被害が急増中、盗用手口とその対策法とは?の画像1
(Image:Tero Vesalainen / Shutterstock.com)

フィッシングメールの内容も年々、巧妙になっており、ユーザーの心理的な不安を煽るものが多く、本当に起こりえそうな内容のため、ついうっかり誘導されるURLをクリックしそうになります。フィッシングメールにより、クレジットカード番号などの個人情報が詐取されてしまうと、身に覚えのない請求が届くなど、さまざまな被害につながるので、注意が必要です。

「スキミング」によるカード情報搾取 以前はスキミングといえば、クレジットカードの磁気ストライプからカード情報を抜き出すことが主流でしたが、クレジットカードのIC化によりリアルでの被害は減少傾向です。最近では、ECサイトなどに不正なコードを挿入し、利用者が入力した決済情報を盗む行為が増えています。利用者がフォームに入力したクレジットカード情報を盗み取るため、カード番号や有効期限だけではなく、不正利用防止のために設定されているセキュリティコードまで盗まれてしまいます。偽サイトへの誘導や外部への情報送信などの手口により、不正にカード情報を…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

キャッシュレスの不正利用被害が急増中、盗用手口とその対策法とは?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合