NEW

マック、これはアリ?ナシ?甘いバンズ、コスパ微妙な倍メニュー…賛否別れる4品

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
マック、コスパ微妙な倍メニュー
マクドナルドの店舗

 世界有数のハンバーガーチェーン「マクドナルド」。“ハンバーガー”の代名詞として認知している人も少なくないほど、圧倒的な知名度を誇っている。全世界的に飲食業界に打撃を与えたコロナ禍が続く2022年8月末時点でも、日本国内で2954店舗を有しており、その盤石さはさすが業界No.1の風格といったところだろう。

 ファストフードチェーンならではの、密が避けられる持ち帰りスタイルが功を奏しているようで、直近の既存店の売上高をチェックしてみると、前年同月比で6月が10.2%増、7月が8.1%増、8月が3.3%増と堅調にプラスを維持。客数も6月が7.7%増、7月が2.3%増、8月が2.5%増と、前年を上回る好調ぶりである。

 しかし、老若男女に愛され、コロナ禍でも強さを見せるマックにも、なかには「これはどうなんだろう……?」と、首を傾げてしまう微妙な商品がいくつかある。そこで今回はマックの“要注意メニュー”を5品選び出したので、紹介していこう。

倍スパビー/300円(税込、以下同)

 

マック、これはアリ?ナシ?甘いバンズ、コスパ微妙な倍メニュー…賛否別れる4品の画像2

 現在、マックは夕方の17時以降に、定番バーガーメニューのパティなどを倍増できる“倍マック”というアレンジラインナップを展開中で、がっつり胃袋を満たしたい客を中心に人気を博している。この「倍スパビー」も、そんな“倍マック”に属する商品。だが、本品には気になることがあるのだ。

 マックが誇る100%ビーフパティに、しゃきしゃきとしたフレッシュな千切りレタス、そこににんにくの風味が効いた、スパイシーなケイジャン風ソースが合わさった「スパビー」。食べやすいサイズでお値段もお手頃ながら、パンチの効いた味わいで根強いファンも多い。

 だが、この「スパビー」に使われているのは、130円で販売されているオーソドックスな「ハンバーガー」と同じビーフパティ。要するに、100円増額でパティを1枚追加してもお得感が薄いのである。もともと「スパビー」が200円とリーズナブルだからという理由もあるが、「倍スパビー」は300円と1.5倍の額になるわけで、その増額に見合った満足感は得られないと感じた。

 また、このビーフパティはさほど肉厚ではなく、2枚になってやっと1cmを超えるのではというくらいなので、がっつり肉を食べるつもりで注文しても、あまり満たされないかもしれない。

ポテナゲ大/500円

 

マック、これはアリ?ナシ?甘いバンズ、コスパ微妙な倍メニュー…賛否別れる4品の画像3

 続いても“夜マック”のラインナップから、「ポテナゲ大」というメニューを紹介させていただきたい。こちらの商品は、2021年3月28日付記事『マック、期待の“復刻バーガー”が「微妙』すぎる…ファンの間で賛否が分かれる商品5選』でも紹介済みなのだが、改めて紹介させてもらおう。

 この「ポテナゲ大」は、マックのサイドメニューの2トップと言われることも多い「マックフライドポテト」のLサイズと、「チキンマックナゲット」の10ピースをセットにした商品で、それぞれを別々に買うよりも31%も安くなる評判の商品である。

 確かにお得度は高いメニューなのだが、バーガーと合わせて頼むのがサイドメニューのあり方の王道だとすると、ハイカロリーすぎる&量が多すぎるという懸念がある。

 マックのオーソドックスな「ハンバーガー」が256kcalなのに対して、こちらの「ポテナゲ大」は1057kcalと、4倍以上もあるのだ。人気の「ダブルチーズバーガー」は457kcalあるので、「ダブルチーズバーガー」のサイドメニューとして「ポテナゲ大」を注文すると、1500kcalを超えてしまう。

 そもそも量が多いので、安さに釣られて購入すると、一人で食べるにはさすがにボリュームがありすぎて後悔することもありそうだ。複数人で食事をするときに頼むのであればおすすめだが、一人で食事をする際は気を付けてもらいたい。

マック、これはアリ?ナシ?甘いバンズ、コスパ微妙な倍メニュー…賛否別れる4品のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合