NEW

Windows 11「22H2」のアップデートで使える新機能10選!

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2022年9月20日、Windows 11に待望のメジャーアップデート「22H2」がリリースされました。今回のメジャーアップデートではセキュリティの向上はもちろん、数多くの新機能が搭載されています。そこで今回は、22H2で注目したい便利機能や仕様変更された部分を紹介したいと思います。

「22H2」は年に1度のメジャーアップデートで新機能満載!

2021年10月に登場したWindows 11。すでにWindows 10からアップデートしたり、Windows 11パソコンを購入した人も多いことでしょう。

そのようなWindows 11ですが、2022年9月20日には、年に1回のメジャーアップデート「22H2」がリリースされています。

この22H2では、さまざまな新機能が追加されていますので、今回は筆者が注目した新機能を紹介します。また、仕様変更された部分もありますので、合わせて紹介しましょう。

なお、Windows 11を22H2にアップデートする方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Windows 11「22H2」のアップデートで使える新機能10選!の画像1
Windows 11初めてのメジャーアップデート22H2には、いったいどのような新機能が盛り込まれているのだろうか?

【1】スタートメニューのアイコンをフォルダにまとめることができる

これまでWindows 11のスタートメニューは、アイコンがズラッと並んでいて目的のものを探すのが面倒でした。

しかし、22H2ではスマホのアプリのようにアイコンをほかのアイコンに重ねることで、フォルダを作成して整理することが可能になっています。

これで、多くのアプリをインストールしても、目的のアプリを探しやすくなりますね。

■スタートメニューのアイコンをフォルダにまとめる手順

スタートメニューのアイコンをフォルダにまとめる手順1
「スタート(Win)」を押して表示されるスタートメニューのアイコンを整理するには、同じようなアプリアイコンをドラッグして重ねればいい
スタートメニューのアイコンをフォルダにまとめる手順2
すると、自動的にフォルダーが作成されて複数のアイコンをまとめることができる。もちろん、このフォルダに他のアイコンをドラッグすることも可能だ
スタートメニューのアイコンをフォルダにまとめる手順3
フォルダ名を分かりやすいものに変更しておけば、アプリを探すのが今より楽になるはず

【2】スナップレイアウトの機能が強化されている

Windows 11では複数のウインドウを操作しやすくするため、画面を美しくレイアウトできる「スナップレイアウト」が利用できますが、22H2ではこのスナップレイアウト機能が強化されました。

まず、ウインドウを掴んで移動するとデスクトップの上に少しだけバーが表示されます。次に、このバーにウインドウをドラッグすると、レイアウトとウインドウのサンプルが表示され、簡単に選択できるようになっています。

また、キーボードの「Win」+「Z」を同時押しすると、スナップレイアウトを呼び出せますが、このとき配置場所に番号が表示されるようになりました。

これを選択することで簡単にウインドウが配置できるので、以前よりスナップレイアウトが使いやすくなっています。

■ウインドウをドラッグしてスナップレイアウトを指定する手順

ウインドウをドラッグしてスナップレイアウトを指定する手順1
まず、ウインドウを掴んで少し移動すると、デスクトップの上に少しだけバーが表示される。ここにそのままウインドウをドラッグしてみよう
ウインドウをドラッグしてスナップレイアウトを指定する手順2
すると、スナップレイアウトのサンプルが表示されるはずだ
ウインドウをドラッグしてスナップレイアウトを指定する手順3
次に、サンプルのなかから、好みのレイアウトにウインドウをドラッグしてみよう
ウインドウをドラッグしてスナップレイアウトを指定する手順4
こちらが実際にウインドウを好みの場所にドラッグしているところ。これでスナップレイアウトがかなり使いやすくなった

■数字を指定してスナップレイアウトを指定する手順

数字を指定してスナップレイアウトを指定する手順1
複数のウインドウを開いている状態で、キーボードの「Win」+「Z」を同時押しすると、スナップレイアウトの配置場所が番号で表示されるので、好みの数字キーを押してみよう
数字を指定してスナップレイアウトを指定する手順2
すると、瞬時に指定した場所にウインドウが配置され、ほかのウインドウもキレイに表示された。キーボード操作だけでスナップできるのはなかなか便利

22H2では新たなアプリがいくつか追加されていますが、なかでも注目したいのが、誰でも簡単に高度な動画編集ができるアプリ「Clipchamp(Clipchamp-動画エディター)」です。

Clipchampはもともと有料アプリでしたが、Microsoftが2021年9月に買収してWindows 11の標準アプリに追加。今では、誰でも無料で利用できるようになっています。

Clipchampは直感的に操作できるビデオ編集アプリでありながら、テンプレートなどを利用することで、かなり凝った編集も可能ですので、是非一度試してみてください。

Clipchampの詳しい使い方はこちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

Windows 11「22H2」のアップデートで使える新機能10選!の画像2
音楽やテロップの挿入はもちろん、画面転換のトランジション効果や気の利いたタイトルもテンプレートから簡単に導入できる

【4】ボイスレコーダーがサウンドレコーダーに!

これまでWind…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

Windows 11「22H2」のアップデートで使える新機能10選!のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合