NEW

JRAジャパンカップ、日本馬の連勝記録が途絶危機?絶好の一攫千金チャンス到来!

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
JRAジャパンカップ、日本馬の連勝記録が途絶危機?絶好の一攫千金チャンス到来!の画像1
盛り上がる秋競馬、今週末はジャパンカップが行われる

さぁ、この秋最大のイベントだ!

 サッカーのFIFAワールドカップ・カタール大会が始まり、日本も初戦のドイツ戦を終えた。続くコスタリカ戦、スペイン戦を制して予選を突破できるよう、サッカー日本代表の健闘を祈りたい。一方、日本国内でも世界の強豪が終結し、日本代表と雌雄を決する注目の大一番が行われる。それが日本中央競馬会(JRA)のジャパンカップ(G1)だ。

 今年で42回目を迎えるこのレースに、今年は海外からオネスト(パリ大賞優勝)、グランドグローリー(ジャンロマネ賞優勝)、テュネス(バイエルン大賞優勝)、シムカミル(ニエル賞優勝)らG1馬3頭を含む4頭の実力馬が参戦。対する日本馬は昨年の東京優駿(日本ダービー)優勝馬シャフリヤールを大将に、デアリングタクト、テーオーロイヤル、ユーバーレーベン、ヴェラアズール、ダノンベルーガ、ユニコーンライオン、ボッケリーニ、ハーツイストワール、ヴェルトライゼンデなどの実績馬が集結。川田将雅騎手を筆頭に、ダミアン・レーン騎手やライアン・ムーア騎手など海外のトップジョッキーも揃い、優勝賞金4億円をかけて、およそ145秒の決戦に挑む。

“海外か、日本か”

 サッカーのワールドカップで、日本はベスト16がこれまでの最高成績。しかし、競馬のジャパンカップは日本27勝に対し海外14勝と、日本馬が圧倒。特にここ10年以上は日本馬の独壇場が続き、現在16年連続で日本馬が勝利している。

 この成績だけ見れば今年も日本馬が勝ちそうだが、今年は例年と様子が異なる。というのも、現在日本競馬の実績上位であるタイトルホルダー、エフフォーリア、イクイノックスの3頭、さらに今年の3歳トップホースである、日本ダービー馬ドウデュースと3歳牝馬二冠馬スターズオンアースが出走しないからだ。

 つまり、今年の日本馬は例年と比較して格落ちの感じは否めず、外国馬の逆転勝利も十分に起こり得る状況なのである。そして、それが示すことは波乱の結末であり、場合によっては驚くような馬券が飛び出すことも考えられるのだ。

 それは一部の馬券ファンにとっては朗報だろう。ここ数年、コントレイルやアーモンドアイの勝利で馬券は低配当だっただけに、今年は誰もがうらやむ高配当を的中させ、永遠に語り継いでいきたいもの。

 とはいえ、ただでさえ難解な競馬で、さらに訳のわからない外国馬が参戦するわけだから、馬券の難易度はグッと上がる。多くのファンは何を買えばいいのか判断できない状況だろう。だが安心していい。“競馬予想の神様”と呼ばれた故大川慶次郎氏の遺志を継ぐ最強の予想家集団【ホースメン会議】が、至高のジャパンカップ予想を無料で公開するからだ。

JRAジャパンカップ、日本馬の連勝記録が途絶危機?絶好の一攫千金チャンス到来!の画像2
ホースメン会議は創業41年の歴史を持つプロの予想家集団

 ホースメン会議といえば、特筆すべきはその情報力と予想力の高さにある。元JRA騎手として菊花賞(G1)や有馬記念(G1)などを制した東信二氏、元JRA調教師の内藤一雄氏を筆頭に、JRAの内部に精通する大物関係者たちが所属。さらに、“関西競馬マスコミのドン”と呼ばれた米原聡氏や、関東大手スポーツ紙の重鎮として長年にわたって日本競馬を見てきた大物関係者も所属。東西のJRAトレーニングセンターはもちろん、全国の競馬関係者から情報が届く体制が整えられている。

 その体制を、大川慶次郎氏の弟子であり日本競馬界最強の予想家として名高い能勢俊介氏が総監督となり統括。能勢氏はラジオや競馬チャンネルなど、さまざまな競馬番組でも活動しており、その見識の高さは誰もが知るところ。そして一つのレース、一つの情報を全員で精査し、あらゆる視点と状況を踏まえて分析するのだから、その価値は絶大だ。

 実際にジャパンカップは過去5年で、万馬券を含む5戦4勝の好成績を残し相性は抜群。外国馬が出走する国際競走レースでこれほどの的中率を記録できるのは、情報の少ない外国馬に関する情報収集力と分析力が確かなことを示している。さらに、古馬王道路線の天皇賞(秋)にて、7番人気2着パンサラッサの激走を見抜いて好配当的中、前哨戦の京都大賞典(G2)で万馬券を的中と、ジャパンカップに関連するレースの実績も十分。なんの不安も感じない状況なのである。

 彼らはマスコミのように数日前の情報や予想を公開するのではなく、レース当日の最新情報や天気、馬場状況などを踏まえた最終的な完全買い目を無料で公開するのだから、何よりも価値があるといっていい。そのあたりは一般競馬マスコミや多くの競馬ファンとは一線を画すもの。ここまでの実績、そして買い目決定に向けた体制を見れば、結論はひとつしかない。すなわち、今週末のジャパンカップを本気で的中させたいなら、ホースメン会議の予想を利用するのがベストなのである。

JRAジャパンカップ、日本馬の連勝記録が途絶危機?絶好の一攫千金チャンス到来!の画像3
確かな情報があれば驚くような払い戻しが現実になる

 しかも驚くべきことに彼らは、この難解なジャパンカップを、なんと馬連3点で提供することを決定。その内容について、以下のようにコメントしている。

「ホースメン会議は創業41年の歴史があり、今年で42回目を迎えるジャパンカップとほぼ同じ歴史です。それゆえに、ジャパンカップに関しては特に思い入れのあるレースで、過去40回で数多くの的中をファンの皆様にお届けしてきました。

 今回はシャフリヤールを中心とした社台グループの思惑や、外国馬の取捨選択が鍵になりますが、そのあたりの判断はお任せください。レース当日まで詳細は明かせませんが、確信を持って最終買い目を皆様に提供できます。

 なお、ホースメン会議にとって大事なのは、点数を絞って的中させること、それに尽きます。多くのマスコミや競馬記者は、不的中を恐れて多点数の予想であり、無駄な買い目が含まれています。ファンの皆様は大事なお金を投資するわけですから、無駄な買い目を買いたくないのは当然のこと。我々はプロとして、その期待に応えなければなりません。

 大川慶次郎は、そんなファンの思いに応えるべく、確かな情報と的中の喜びを届けためにホースメン会議を設立しました。今回のジャパンカップはホースメン会議が自信を持って提供する【プロの3点勝負買い目】を無料で提供いたします。本物のプロが勝負する買い目を、ぜひその目で確認してください」(ホースメン会議スタッフ)

 スポーツ紙や競馬専門紙、そしてテレビで見られる著名な予想家を見てみると、誰もが8点ほどの買い目点数を載せている。それではアマチュアの競馬ファンと、なんら変わりがない。やはりホースメン会議のように「3点」に絞ってこそ、プロとして名乗れるのではなかろうか。そんなホースメン会議が自信を持って提供するジャパンカップの予想と情報は、すべての競馬ファンが必要とするもの。それが無料で提供されるのだから、これを見逃せば必ず後悔するだろう。

 どのマスコミ報道を見ても、今年のジャパンカップは中心馬不在の大混戦。近年まれに見る状況であり、これだけの混戦模様と配当妙味は数年に一度といっていい。そんなジャパンカップで一攫千金を狙うなら、ホースメン会議が提供する無料情報を利用する以外に勝つ術はない。

 そしてホースメン会議はジャパンカップ以外にも、さまざまな情報を競馬ファンに対して無料で提供している。それらのコンテンツを利用することで、来週末のチャンピオンズカップ(G1)や年末の有馬記念(G1)、そして12月の冬競馬で大きな利益を手にすることも決して不可能ではないことを最後に付け加えておく。

(文=Business Journal編集部)

CLICK→無料公開!【ジャパンカップ「プロの3点勝負買い目!」】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

JRAジャパンカップ、日本馬の連勝記録が途絶危機?絶好の一攫千金チャンス到来!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!