NEW

不倫疑惑も浮上…篠田麻里子「離婚調停」報道、FC閉鎖&ママタレキャラ崩壊

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
篠田麻里子
篠田麻里子

 離婚調停中だと報じられている女優でモデルの篠田麻里子。夫・Aさんは篠田が不倫していると主張して、3歳の長女を連れて家を出ていき、現在は別居状態にあるとも伝えられているが、9月には公式ファンクラブも閉鎖し「ママタレ」キャラも崩れてしまった篠田は今、まさに苦境に立たされているようだ――。

 篠田は9月24日、Instagramで「3年ぶりの ファンミーティング 会えて嬉しかった」と報告。この日、篠田は都内で『MARIKKO ファンミーティング2022』を開催していたが、7月8日の時点で公式ファンクラブ(FC)【MARIKKO】を9月末に終了すると発表しており、同FCにおける最後のファンミを行ったのだ。

 2013年7月に人気アイドルグループ・AKB48を卒業した篠田は、19年2月に一般男性・Aさんと結婚し、20年4月には第1子女児が誕生。以降、篠田はママタレとしてのイメージを強くしていった。しかし前述のとおり今年7月に公式FC【MARIKKO】の終了を発表。この件に関して、当時はさほど話題になっていなかった印象だが、翌月、篠田は世間の注目を集めることに。8月25日発売の「女性セブン」(小学館)で、夫と娘との別居報道が出たからだ。

「女性セブン」によると、篠田はAさんから不倫を疑われ、大げんかに発展。不倫は否定していたというが、結局、Aさんが娘を連れて家を出てしまったという。同誌の取材に対し、篠田の所属事務所も不倫疑惑を否定した一方、別居の事実や離婚の可能性については「事実確認中」と回答していたが、9月7日付のニュースサイト「NEWSポストセブン」は、すでに離婚調停に入っているとの続報を伝えた。

「篠田のFC終了と、Aさんや娘との別居問題が直接関係しているのかは不明。ただ、『女性セブン』は7月下旬に男女の友人と都内で“夜遊び”を楽しむ篠田の姿をキャッチしており、この時はもう別居生活が始まっていたのかもしれない。しかし、離婚となれば篠田はママタレとしてやっていくのは難しくなるし、そんなタイミングで貴重な収入源であるFCを終了させたというのも不可解」(スポーツ紙記者)

 なお、ネット上ではファンミ参加者が「また会える機会作るって言ってくれた」とも報告している。何らか理由でファンクラブを作り直すのか、それとも他のアイディアがあるのか、篠田の動向が注目されるが、ママタレ路線で活動できなくなった場合、どうするのかも気になる。

路線変更

 AKB48在籍時から、グループでのアイドル活動とは別で、個人としてモデルの仕事も多く行っていた篠田。それだけ注目されていた存在で、09年に行われた「AKB48 13thシングル 選抜総選挙『神様に誓ってガチです』」(第1回総選挙)では、1位の前田敦子、2位の大島優子に続き、篠田が3位を獲得。翌年の選抜総選挙では前田と大島の順位が入れ替わったが、3位はやはり篠田。つまり彼女はセンター争いをしていた前田と大島に次ぐ人気メンバーだったのだ。

不倫疑惑も浮上…篠田麻里子「離婚調停」報道、FC閉鎖&ママタレキャラ崩壊のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!