NEW

JRA阪神ジュベナイルFで10万馬券が狙える?難解な2歳牝馬戦の“特殊情報”

文=Business Journal編集部
JRA阪神ジュベナイルFで10万馬券が狙える?
ハイレベルな実力馬が揃った阪神ジュベナイルフィリーズ

名牝ウオッカが覚醒したレース

 今週末は、日本中央競馬会(JRA)で行われるG1レースのなかでも、特に難解な一戦といわれている阪神ジュベナイルフィリーズが行われる。キャリアの少ない2歳戦であり、牝馬限定戦という条件も加わって、マスコミもファンも毎度のように頭を悩ませているレースだ。

 例えば2006年の優勝馬は、大ヒットゲーム「ウマ娘」の人気キャラで知られるウオッカ。後に牝馬ながら東京優駿(日本ダービー)やジャパンカップ、天皇賞(秋)などを制した女傑であるが、阪神ジュベナイルフィリーズに出走した時は4番人気でしかなかった。多くのマスコミが同馬の能力を見抜けなかったのは、この時期の2歳戦ゆえであろう。

 また、昨年は1番人気ナミュールが敗退するなど波乱決着となり、3連単・3連複・馬連・馬単で万馬券決着。さらに2012年には15番人気クロフネサプライズが激走して2着に入り、3連単・304万7070円という超高額万馬券が飛び出したこともあり、毎年のように波乱が続出しているレースでもある。

 人気をつくり出すのがマスコミや競馬記者であることを考えると、今年の阪神ジュベナイルフィリーズを検証するにあたって、マスコミの予想を参考にするのはリスクが高いといえそうだ。とはいえ、データの少ない2歳戦で何も参考にせず馬券勝負するのは心もとないだろう。そこで参考にしたい情報がある。それが万馬券的中のプロ集団「暴露王」だ。

 暴露王は年間300本の万馬券的中をノルマとしており、2021年は342本、そして2022年も11月28日時点で303本の万馬券を的中。このペースであれば、年末までにおよそ330本の万馬券を的中させるのではないかといわれている。しかも暴露王は、ただ万馬券を的中できるのではなく、2歳戦に強いという実績がある。

 例えば昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ、暴露王は1番人気ナミュール(4着)、2番人気ステルナティーア(8着)には眼もくれず、8番人気で激走し2着に入ったラブリイユアアイズを本命に指名。3連単・11万4300円、3連複・1万6850円、馬単・1万6540円のトリプル万馬券を仕留めているのである。

 これはほんの一例で、ほかにも2歳G1レースで数多くの万馬券を的中させているのだ。難解な2歳G1レースでこれほど万馬券を的中できるのは、暴露王が特別な集団であり、並外れた情報力と予想力を持ち合わせているからにほかならない。

JRA阪神ジュベナイルFで10万馬券が狙える?難解な2歳牝馬戦の特殊情報の画像2
圧巻のトリプル万馬券的中!

 暴露王は、東西にあるJRAのトレーニングセンターで活動する凄腕記者たちと独自に提携し、彼らが取材で入手した“紙面には載せられない関係者の本音”を独占的に獲得し、それを競馬ファンに届けている。この凄腕記者たちはテレビなどで活動するようなタレント記者とは大違い。テレビやラジオのために時間を使うくらいなら、その時間をかけて徹底的に取材活動を行うようなプロ意識の高いベテランだという。ちなみに厩舎関係者からすれば、テレビなどで活動する記者たちは影響力が強いので、逆に警戒して本音で話せないのだという。確かにそれは一理ある話だ。

 そんな暴露王が2歳G1レースに強い理由は何か、そして今年の阪神ジュベナイルフィリーズはどんな結末を迎えるのか。彼らからは非常に興味深い話を聞くことができた。

「今年の阪神ジュベナイルフィリーズは登録馬が29頭と多く、さらに抽選対象馬も多いため、直前まで何が出走するのかわからないレースになっています。また香港国際競走で多くのトップジョッキーが遠征するので、鞍上問題も大きなポイントになります。そういった状況からかなり難解な一戦であり、穴馬候補も1頭や2頭ではありません

 人気はアルテミスステークス(G3)の上位2頭、ラヴェルとリバティアイランドが抜けていて、ファンタジーステークス(G3)を勝利したリバーラ、新潟2歳ステークス(G3)を勝利したキタウイング、札幌2歳ステークス(G3)を勝利したドゥーラ、函館2歳ステークス(G3)を勝利したブトンドールが続きます。重賞優勝馬5頭、オープン特別勝ち馬4頭ですから、かなりの好メンバーが揃いました。

 とはいえ、この時期の2歳G1レースは必ずしも実績通りの評価が正しい狙い方とはいえません。昨年、我々が本命に指名した8番人気2着のラブリイユアアイズは、重賞未勝利馬でしたし、阪神ジュベナイルフィリーズが行われる阪神コースも、1600mの距離も、まったく初めてでしたが、陣営の自信度はかなり高かったのです。ただし、マスコミには『完成途上だけど、良化気配にはある』と、控えめなコメントに抑えていました。結果は、あと一歩で勝利を逃してしまいましたが、それでも3連単は11万馬券の的中なので、参考にされたファンの皆様からは多くの御礼が届きましたね。

 今年も同様に、アッと驚くような穴馬候補がスタンバイしています。この馬は抽選対象になく出走確実な穴馬ですが、抽選対象馬にも面白い馬がいますので、ともに出走となれば、このG1シリーズで一番の万馬券が飛び出すかもしれません。もちろん、昨年的中させた11万馬券を上回る自信度と配当妙味です」

 この暴露王が持つ情報力の確かさは、年間300本の万馬券的中という実績からも証明されている。しかも、その中には22万馬券を筆頭に何本もの10万馬券が含まれており、決して運や偶然だけで的中できるものではない。つまり、今週末に迫った阪神ジュベナイルフィリーズは、暴露王の情報によって、難解なレースが一転して万馬券の的中が狙える最高の勝負レースに変わったのである。

JRA阪神ジュベナイルFで10万馬券が狙える?難解な2歳牝馬戦の特殊情報の画像3
この秋も衝撃の10万馬券を的中と暴露王の勢いは止まらない!

 暴露王を参考にしたいと伝えたのは、これが最大の理由だ。そして大事なことを伝えておきたい。なんと暴露王は、阪神ジュベナイルフィリーズで入手した穴馬2頭を公開する【極穴重賞直前リポート】の無料公開を決定。昨年11万馬券の立役者となったラブリイユアアイズのような穴馬を、無料で教えてくれるのである。これは夢の“高額万馬券”を的中できる絶好のチャンスだ。必ずやこの穴馬情報を入手し、阪神ジュベナイルフィリーズで感動の瞬間を味わってほしい。

 今週末を過ぎれば、JRAのG1レースも残りは朝日杯フューチュリティステークスと有馬記念、そしてホープフルステークスの3つのみ。暴露王では、来週以降もさまざまな無料情報の公開を決定しているので、今週だけでなく今後も暴露王の情報をしっかり活用していこう。

(文=Business Journal編集部)

CLICK→無料公開!【阪神ジュベナイルF「極穴馬!重賞直前リポート」】暴露王

※本稿はPR記事です。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

Instagram: @businessjournal3

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

JRA阪神ジュベナイルFで10万馬券が狙える?難解な2歳牝馬戦の“特殊情報”のページです。ビジネスジャーナルは、スポーツ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!