NEW

Snow Man分裂の可能性も取り沙汰、次の退所候補者か…メンバー間格差も

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
Snow Man分裂の可能性も取り沙汰、次の退所候補者か…メンバー間格差もの画像1
ジャニーズ事務所

 King&Prince(キンプリ)の岸優太、平野紫耀、神宮寺勇太がグループを脱退し、ジャニーズ事務所からも退所するという発表から約1カ月。同発表の直前には、事務所副社長とジャニーズアイランド社長を兼任していた滝沢秀明氏の退社も明らかになっていただけに、ジャニーズでは今後もグループや事務所から離脱者が出るのではないかという情報も流れている。そんななか、人気急上昇中で事務所を将来を背負うグループと目されているSnow Manから脱退・退所するメンバーが出るのではないかという見方も強まっている。

 滝沢氏は10月31日付でジャニーズを離れ、11月4日にはキンプリの3人が来年5月に脱退すること、平野と神宮寺は同時に事務所を辞め、岸も同秋には退所することを発表。メディアは、この流れで「次の退所者」が出る可能性に注目しており、12月1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)はメンバーの退所、グループ解散の噂があるグループとしてSnow Man、SixTONES、Sexy Zone、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2を挙げている。

「『文春』が報じたグループはいずれも、キンプリに続く衝撃発表をしてもおかしくはない状況。一方、滝沢氏の退社が明らかになった時点で特に心配されていたのは、Snow Manだった」(スポーツ紙記者)

Snow ManとSixTONES

 Snow Manは2020年1月、SixTONESと同時デビュー。両グループは滝沢氏が育成し、デビューさせたことで知られている。特にSnow Manは、メンバーのほとんどがジャニーズJr.時代、滝沢氏が手掛けてきた舞台『滝沢歌舞伎』に出演。『滝沢歌舞伎2012』でSnow Manというグループ名を発表された時のメンバーは岩本照、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、深澤辰哉、渡辺翔太で、19年にラウール、目黒蓮、向井康二が加入し、この9人でCDデビューした。

 同期にあたるSixTONESとSnow Manは「ストスノ」もしくは「スノスト」というかたちでセットで呼ばれることも。同じくらい人気がある一方、同時デビューしたために、双方のファンがCD売上、人気度をめぐり火花を散らすこともある。

「一部では、滝沢氏は『Snow Manのほうを推していたのではないか』という声もある。Snow Manは今年3月に9人全員で実写映画『おそ松さん』の主演を務めたり、冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)を持っていたりと、たしかに好待遇で活動してきた印象。メンバー個人での俳優業は、Snow ManとSixTONES、どちらもそこまで差はなさそうだが、Snow Manは音楽活動以外のグループ活動も目立った分、一般の認知度がSixTONESより少し高いかもしれない。そもそも同時デビューだったせいで、当初はファンでなければ『どっちがどっち?』状態だったところもあるので、本来ならSnow Manだけでなく、SixTONESにもグループで活躍する機会が多く与えられるべきだった」(テレビ局関係者)

Snow Man分裂の可能性も取り沙汰、次の退所候補者か…メンバー間格差ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!