NEW

ドコモのエコノミーMVNOに追加された「LIBMO(リブモ)」って本当にお得なの!?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモショップではガラケーからスマホに乗り換える人向けに、「エコノミーMVNO」が用意されていますが、2022年12月21日から新たなプランが追加されることになりました。それが「LIBMO(リブモ)」の格安SIMです。とくにゴーゴープランは月500MB+月5分かけ放題セットで、月額990円(13カ月以降は1,100円)と格安です。そこで今回は、ドコモのエコノミーMVNO「LIBMO」について詳しく解説しましょう。

ドコモのエコノミーMVNOに実用的な「LIBMO」が登場!

TOKAIコミュニケーションズの格安SIM「LIBMO」が、ドコモのエコノミーMVNO第3弾として追加され、2022年12月21日から全国のドコモショップで取り扱われることになりました。

LIBMOを提供するTOKAIコミュニケーションズは、2011年にLPガスの「ザ・トーカイ」とケーブルテレビの「ビック東海」が合併してできた会社で、静岡県を中心にエネルギー、建築・不動産、ケーブルテレビ、情報通信サービスなどを提供するのが主な業務となっています。

実はTOKAIホールディングスの株主になると、株主優待でLIBMOの料金がタダ同然になるため、筆者のスマホもLIBMOを利用しています。詳しくはこちらの記事で確認してください。

そのようなLIBMOがドコモのエコノミーMVNOに追加されたわけですが、ドコモショップではLIBMOの「ゴーゴープラン(月500MB+かけ放題付)」と「なっとくプラン(月3GB/月8GB)」の3プランが取り扱われます。

このプランの特徴は「5分かけ放題」か「10分かけ放題」には、ドコモショップ特典として100円~200円割引く「かけほ割」が適用され、最初の1年間は安く利用できるようになること。

具体的には月500MBのゴーゴープランで5分かけ放題セットにすると、1年間月額990円で利用でき、13カ月目以降は月額1,100円となります。10分かけ放題セットは1年間1,100円、13カ月以降は1,320円になります。

ちなみに、OCN モバイル ONEのエコノミーMVNO「500MB/月コース」は月10分無料通話付で月額550円なので、料金は倍になりますが月5分かけ放題のほうが、ちょいちょい電話する人には使いやすいかもしれません。

また、月3GBと月8GBのなっとくプランには別途かけ放題オプションを追加できますが、こちらは1年間「かけほ割」が適用され100円~200円安くなります。データ通信量が月500MB(0.5GB)では事実上ネットの閲覧は厳しいので、エコノミーMVN0でも月3GBや月8GBといったプランが選べるのは、かなり実用的でしょう。

■ゴーゴープラン(音声通話機能付き・かけほ割適用の場合)

プラン ゴーゴープラン(データ通信:月500MB)
5分かけ放題セット 10分かけ放題セット かけ放題マックスセット
月額利用料金 990円 1,100円 1,980円
13カ月目以降
1,100円
13カ月目以降
1,320円

※料金は税込です
こちらが「ゴーゴープラン」の料金。データ通信量は月500MB(0.5GB)しかないが、5分かけ放題付で月額990円(2年目から1,100円)、10分かけ放題付は月額1,100円(2年目から1,320円)となっている(表はLIBMO公式サイトを元に編集部で作成)

■なっとくプラン(音声通話機能付き) …

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部 :外部執筆者

オトナライフ編集部 :外部執筆者

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

ドコモのエコノミーMVNOに追加された「LIBMO(リブモ)」って本当にお得なの!?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!