NEW

「9人でも勝てない」Snow Man、名曲カバーで沢田研二の主演映画公式アカが炎上

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
Snow Manの沢田研二カバーに映画公式アカウントが失礼な発言?の画像1
Twitter「映画『土を喰らう十二ヵ月』(@tsuchiwokurau12)」より

 ジャニーズの人気9人組グループ「Snow Man」が7日、フジテレビ系の大型音楽番組『2022 FNS歌謡祭』に出演。名曲リスペクト企画として、“ジュリー”こと沢田研二のヒット曲「勝手にしやがれ」のカバーを披露した。多くの視聴者を沸かせたが、沢田の主演映画の公式SNSアカウントが「9人でも沢田研二には勝てない」などと発言したことでファンが激怒する事態が起きた。

 ファンが問題視したのは、沢田が主演した映画『土を喰らう十二ヵ月』(公開中)の公式Twitterアカウントのツイート。Snow Manが「勝手にしやがれ」を歌ってからほどなくして、同アカウントは「うーむ。見てしまいました。勝手にしやがれ。たしかにダンスにはキレがありました。でも、歌唱力、歌詞の行間と余韻。あと、ファッション。9人でも勝てない沢田研二さんの実力を痛感しました」などと、本家の沢田と比較するような言葉を書き込んだ。

 続けて「でも、若者にもジュリーを知ってもらえるキッカケになって良かった」と記しており、完全否定しているわけではなかったのだが、「見てしまいました」「9人でも勝てない」といった言葉からは批判的なニュアンスが感じられなくもない。

 このツイートは瞬く間に拡散され、Snow Manファンから「失礼すぎない?公式がこれってドン引きなんだが」「沢田さん本人が言うならまだしも、主演映画の公式アカの中の人が何目線で言ってるの」「カバーが本家に勝てないのは当たり前。メンバーたちはリスペクトを持って歌ったのにこんなこと言われるなんて」「他をサゲなきゃ沢田さんのすごさを伝えられないの?」などと非難の声が殺到し、炎上状態になった。

 その一方で「全面的に同感です!」「やっぱりジュリーの曲はジュリーが歌わないと」といった同意の声もあったのだが、同アカウントは炎上を察してかツイートを削除。しかし、現在も発言が拡散されるなど騒動は収まっていないようだ。

 実際のところ、Snow Manの「勝手にしやがれ」のカバーはSNS上の反応を見る限りはおおむね好評だった。リアルタイムで沢田を観ていた世代からは、ジュリー風の帽子を被っていた宮舘涼太に対して「帽子投げないんかい!」といったツッコミが続出していたものの、ダンスのレベルの高さやラウールをはじめとしたメンバーたちのスタイルのよさに称賛の声が多数あがっていた。何より、若い世代に絶大な人気のある彼らが昭和の名曲をカバーしてくれたことを純粋に喜んでいる人も多かった。

 無論、伝説的な大スターである沢田と比較すればまだまだ表現力や色気が足りないといわれても仕方ないだろうが、個人の意見ではなく「映画の公式アカウント」が前述のような“サゲ発言”をしてしまったら炎上もやむなしだろう。沢田への愛情の深さから思わず出てしまったのかもしれないが、今回は不用意な発言だったと言わざるを得ないようだ。

佐藤勇馬:外部執筆者

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

Twitter:@rollingcradle

情報提供はこちら

「9人でも勝てない」Snow Man、名曲カバーで沢田研二の主演映画公式アカが炎上のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!