NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

ラピダスが2nm半導体を量産できない根本的理由…サッカー日本代表との致命的な違い

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
【この記事のキーワード】, ,
ラピダスのHPより
ラピダスのHPより

アルゼンチンの優勝で幕を閉じたサッカーワールドカップ

 12月19日0時(日本時間)に行われたサッカーワールドカップ・カタール大会の決勝戦は、3対3の同点でPK戦にもつれ込み、アルゼンチンがフランスを下して36年ぶりの優勝を果たした。そのゲームは、アルゼンチンがエースで主将のメッシの活躍で先制すると、フランスが若きストライカーのエムバぺのスーパーゴールで追いつくという、手に汗を握るスリリングな展開だった。まさに歴史に残る名勝負であり、見るものを感動させた死闘だったと思う。

 一方、我が日本代表は、「死の組」といわれたEグループで、優勝候補の一角のドイツとスペインをいずれも逆転の2-1で下すジャイアントキリングをやってのけた。そのEグループをトップで通過した日本代表は、決勝トーナメント1回戦で前回大会準優勝国のクロアチアとPK戦にもつれ込む激戦に敗れはしたが、その戦いぶりは世界に衝撃を与えた。

 日本代表がグループリーグを突破したのは、2002年の日韓大会、2010年の南アフリカ大会、2018年のロシア大会に続いて今回が4回目である。いずれも決勝トーナメント1回戦で敗退となったが、今までのどの大会よりも、今回の日本代表は輝き、未来への可能性を示してくれたように思う。

日本代表に足りないものは何か

 しかし、アルゼンチンとフランスの決勝戦を見た後に思うことは、日本代表がこの舞台に立つのは、まだ早過ぎるということである。一回りも二回りも三回りも成長しなければ、決勝トーナメントを勝ち上がることはできないと思った。

 では、決勝トーナメントを勝ち上がり、ベスト8以上に躍進するには何が必要なのか。今回のワールドカップの4試合すべてにGKとして出場した権田修一選手は、「何かを変えなければいけない。チェンジではなくアップデートしていかなければならない」と語ったという(12月8日付日本経済新聞)。そして、アップデートするためには土台が必要であるということが記事には書かれている。

 筆者も同感である。日本代表は、今までに築き上げてきた「土台」を基にアップデートして新たな「土台」をつくり、それをさらにアップデートする、ということを繰り返して成長していくことが必要になるだろう。現在の日本代表から、一足飛びにワールドカップ決勝戦に進出するチームに変貌させることは、恐らく不可能である。一段一段アップデートして、階段を上っていくことが重要である。

サッカー日本代表とラピダスの比較

 このワールドカップより一足先の11月10日、半導体の新会社ラピダスが「2027年に2nmのロジック半導体を量産する」と発表して国内外から注目されることになった。このラピダスをめぐる報道は、その後も過熱しており、賛否両論が渦巻いている。

ラピダスが2nm半導体を量産できない根本的理由…サッカー日本代表との致命的な違いのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合