NEW

のん、日本アカデミー賞ノミネートで「地上波復帰」の可能性 元SMAP・草なぎ剛が前例で期待

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
のん、日本アカデミー賞ノミネートで「地上波復帰」の可能性 元SMAP・草なぎ剛が前例で期待の画像1
女優・創作あーちすと のん公式サイトより

 女優・のんが、主演映画『さかなのこ』で「第46回日本アカデミー賞」の優秀主演女優賞を受賞したことが23日に発表された。独立騒動以降、のんは民放ドラマから完全に締め出されていたが、今回の受賞をきっかけに「地上波復帰」の道が開けるのではと期待を集めている。

 さかなクンの自叙伝を実写化した同作は、のんが幼いころから魚好きだった主人公の「ミー坊」(さかなクンの当時の愛称)を演じるという大胆なキャスティングと、現実とフィクションの入り混じった不思議な世界観でジワジワと口コミ人気が拡大し、業界内でも高く評価された。のんにとって、日本アカデミー賞での受賞は2014年公開の主演映画『ホットロード』で新人俳優賞を獲得(当時は能年玲奈名義)して以来となる。

 受賞を受けて、のんは自身のSNSで「日本アカデミー賞主演女優賞優秀賞をいただきました。本当にありがとう〜〜! 頑張ってきて良かった。なんだかとても嬉しいよ。みんなが喜んでくれてるのが何より嬉しいでギョざいます」とファンに報告。のんと縁の深い岩手県の達増拓也知事が「私からも、お祝い申し上げます。岩手県民の皆さんも、喜んでいるでしょう!」とTwitterでメッセージを贈るなど、祝福ムードが広がっている。

 のんといえば、2013年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役で大ブレイクしたが、2015年に「事務所に無断で個人事務所を設立していた」「契約問題をめぐって事務所と衝突している」などと報じられて休業状態に。2016年に独立を果たしたものの、以降は本名でありながら「能年玲奈」を芸能活動で名乗ることができず、現在の「のん」への改名を余儀なくされた。

 一連の独立トラブルによってテレビ露出は激減し、2016年にヒロインの声優を務めたアニメ映画『この世界の片隅に』が大ヒットしても、のんをクローズアップしたのはNHKくらいで、民放では「作品を取り上げても主演声優には深く触れない」という不自然な状況となった。

 しかし、のんはCMなどでタレントとして活躍しながら地道に女優としての活動を続け、2020年には実写作品としては約6年ぶりの主演映画となった『私をくいとめて』が公開。昨年は『さかなのこ』に加え、自身が監督・脚本も務めた『Ribbon』、人気コミックのスピンオフ作品を実写化した『天間荘の三姉妹』と計3本の主演映画が公開されるという大活躍となっていた。

 それでもテレビドラマ出演は途絶えたままとなっているが、今回の日本アカデミー賞へのノミネートによって潮目が変わる可能性がある。それというのも、ジャニーズ事務所から独立したことで同じく地上波ドラマから消えていた元SMAPの草なぎ剛が、日本アカデミー賞をきっかけに完全復活を果たしたからだ。

 草なぎは2021年に主演映画『ミッドナイトスワン』で「第44回日本アカデミー賞」の優秀主演男優賞に選ばれ、現役ジャニーズの嵐・二宮和也を押さえて最優秀賞を獲得した。授賞式の模様が日本テレビ系で放送され、各局の情報番組やスポーツ紙などでも大きく取り上げられたことで「地上波解禁ムード」が広がった。テレビ局のジャニーズへの「忖度」が一気に薄まり、草なぎは2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』への出演などを経て、現在放送中の主演ドラマ『罠の戦争』(フジテレビ系)で6年ぶりに民放ドラマ復帰を果たした。

 のんの場合は『さかなのこ』の公開規模がそれほど大きくなかったこともあって「最優秀賞は難しいのでは」という見方もあるが、仮にそうであっても、テレビ中継もされる授賞式に登壇することで業界内での扱いが大きく変わる可能性は十分にある。また、先述した『Ribbon』で特撮スタッフとして『シン・ゴジラ』などで知られる樋口真嗣監督らが参加し、岩井俊二監督が予告編を制作するなど、業界の大物が彼女をバックアップしていることもファンの期待につながっている。

 現在のところ、のんの民放ドラマ最後の出演は2014年に放送された『世にも奇妙な物語’14春の特別編』(フジテレビ系)。約9年の時を経て、ついに「地上波追放」状態が変わることになるのか、日本アカデミー賞の賞レースの行方と共に今後に注目したい。

佐藤勇馬:外部執筆者

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

Twitter:@rollingcradle

情報提供はこちら

のん、日本アカデミー賞ノミネートで「地上波復帰」の可能性 元SMAP・草なぎ剛が前例で期待のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!