小黒一正/法政大学教授の記事一覧

(6件)

法政大学経済学部教授。1974年生まれ。


京都大学理学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。


1997年 大蔵省(現財務省)入省後、大臣官房文書課法令審査官補、関税局監視課総括補佐、財務省財務総合政策研究所主任研究官、一橋大学経済研究所准教授などを経て、2015年4月から現職。財務省財務総合政策研究所上席客員研究員、経済産業研究所コンサルティングフェロー。会計検査院特別調査職。日本財政学会理事、鹿島平和研究所理事、新時代戦略研究所理事、キャノングローバル戦略研究所主任研究員。専門は公共経済学。

出生数50万人割れ、政府予想より20年前倒しとなる可能性

周知のとおり、日本は世界における少子高齢化のトップランナーである。65歳以上の...

国民医療費、長期的に減少の可能性も―名目GDP成長率との調和も重要―

高齢化が進むなかで医療費は膨張を続けているが、中長期的に本当に医療費は増え続け...

減価するデジタル通貨で出産手当てを支給し、出生数の引き上げを

日本経済が抱える問題は様々だが、最も大きな問題は人口減少であろう。人口減少は賦...