真壁昭夫/多摩大学特別招聘教授の記事一覧

(26件)

一橋大学商学部卒業、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学大学院(修士)。ロンドン証券現地法人勤務、市場営業部、みずほ総合研究所等を経て、信州大学経法学部を歴任、現職に至る。商工会議所政策委員会学識委員、FP協会評議員。
著書・論文
『仮想通貨で銀行が消える日』(祥伝社、2017年4月)
『逆オイルショック』(祥伝社、2016年4月)
『VW不正と中国・ドイツ 経済同盟』、『金融マーケットの法則』(朝日新書、2015年8月)
『AIIBの正体』(祥伝社、2015年7月)
『行動経済学入門』(ダイヤモンド社、2010年4月)他。

JAL、3千人の配置転換で世紀の大リストラ…「地方の観光育成」企業へ転換

日本航空株式会社(JAL)が従業員約3000人を配置転換する。その背景には、生...

ニッチ分野で世界シェア100%…レーザーテック、最強の検査装置メーカーの秘密

半導体の製造プロセスで用いられる最新の検査装置を開発するレーザーテック株式会社...

テルモ、人工血管・血液・細胞事業で稼ぐ…利益1千億円の高収益経営の秘密

医療機器大手のテルモが、中長期的な高い成長を目指して人工血管や血液・細胞事業の...

国内事業の利益4割減…無印良品に今、何が起きているのか?

世界全体での物価急騰が良品計画の事業運営に大きな負のインパクトを与えている。5...

日本郵船、空前の純利益1兆円で過去最高益…収益源の多角化に成功

ウクライナ危機などをきっかけに、世界経済が大きな変化の局面を迎えている。199...

ソニーとホンダ、世紀の提携…EV市場で世界的競争力を発揮すると考えられる理由

ソニーグループと本田技研工業(ホンダ)は、モビリティ分野における戦略的提携に向...

ホンダは世界のEVのゲームチェンジャーになる…世界発、全固体電池の実用化の可能性

本田技研工業(ホンダ)は、生き残りをかけてEV分野の積極展開を図ろうとしている...

日本製鉄、強烈な逆風「脱炭素」に挑む…最重要顧客・自動車会社向け鋼材値上げの本気

現在、日本製鉄は、脱炭素の強烈な逆風の中で生き残りをかけた熾烈な戦いを展開して...

なぜ今、ミシン製造のブラザー工業の業績拡大に期待向上?ミシン需要上昇の理由

最近、ブラザー工業の業績拡大に期待が高まっている。その背景として、テレワークの...

凸版印刷、最先端IT企業に大変貌を遂げていた…メタバースを主要事業へ

これまで印刷や電子部品の事業を展開してきた凸版印刷(トッパン)が最近、新しい収...