菊地浩之(きくち・ひろゆき)の記事一覧

(14件)
菊地浩之(きくち・ひろゆき)

1963年、北海道札幌市に生まれる。小学6年生の時に「系図マニア」となり、勉強そっちのけで系図に没頭。1982年に國學院大學経済学部に進学、歴史系サークルに入り浸る。1986年に同大同学部を卒業、ソフトウェア会社に入社。2005年、『企業集団の形成と解体』で國學院大學から経済学博士号を授与される。著者に、『日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく』(平凡社新書、2009年)、『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』(角川選書、2017年)、『織田家臣団の系図』(角川新書、2019年)、『日本のエリート家系 100家の系図を繋げてみました』(パブリック・ブレイン、2021年)など多数。

「乳母」から考える『鎌倉殿の13人』…源頼朝を育てた比企一族はなぜ滅びたか?

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、存在感を増している比企能員(ひき・よしか...