NEW

トレーニーたるもの、やっぱり禁酒すべき? アルコールと筋肥大の「不都合な真実」

【この記事のキーワード】

,

の画像1
Alexas_FotosによるPixabayからの画像

 筋肥大に飲酒はNGだとよく言われます。ストイックなトレーニーは禁酒することもありますが、本当にアルコールは筋肥大に良くない影響を与えるのでしょうか?

 2014年のEvelyn B. Parrらの研究では、レジスタンストレーニングと高強度インターバルトレーニングを行った8人の被験者にトレーニング直後と4時間後に次のいずれかを摂取させました。

・ホエイプロテイン
・ホエイプロテインとアルコール
・マルトデキストリンとアルコール

 トレーニング2時間後には炭水化物の食事も摂取させ、トレーニング2時間後と8時間後に筋生検を行い、筋タンパク合成のレベルを調べました。

 その結果、ホエイプロテインとアルコールを摂取した群は筋タンパク合成が24%減、マルトデキストリンとアルコールを摂取した群は37%減でした。この結果から、研究チームは、確かにアルコールには筋タンパク合成を阻害する作用があると結論付けています。

 ただ、この実験ではメチルアルコール1.5g×体重kgという大量のアルコールを被験者に摂取させている点に注意しなくてはいけません。体重70kgの人なら105gのアルコールを摂取することになりますが、これはワイン9杯(1杯120ml)、日本酒5合、ビール中ビン5本に相当する量です。

 これほどのアルコールをトレーニングの度に摂取していたら、筋肥大どうこうの前に体を壊してしまうでしょうね……。ただ、アルコールには脂肪燃焼を妨げたり、男性ホルモンであるテストステロン値を下げたりする作用もあることが研究で分かっていますので、トレーニングの効果を最大限引き出したいならば飲酒は控えた方が良さそうです。

 一方、趣味や健康目的でトレーニングを行っている方は、そこまで神経質にならなくても良いかもしれないですね。

https://www.verywellfit.com/alcohol-vs-fitness-results-3121357#citation-4
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0088384

(しようぜ太郎)

 

トレーニーたるもの、やっぱり禁酒すべき? アルコールと筋肥大の「不都合な真実」のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ