NEW

元航空自衛官トレーナー・中原大樹の自衛隊訓練日記【その1】

【この記事のキーワード】

,

自衛隊は知っているけど、具体的によくわからないという方は多いのではないでしょうか?ここでは、私が航空自衛隊に所属していた時の実体験を元に色々な考え方や訓練内容、生活リズムなどをご紹介して、皆様に少しでも有益な情報をお届けでき、少しでも皆様の生活に組み込んでいただけたら幸いです。
 

【自衛官のお仕事】


自衛隊とは、「陸・海・空」の3種類があり、「その領域において国防を行なっています。」そして、「陸・海・空」の自衛隊の中に更に「職種」というものが存在します。ここでは、職種について詳しく書きませんが、私が所属していた「航空自衛隊の職種」を少しだけ紹介すると「パイロット(操縦)」「航空機整備」「消防」「補給」「総務」「会計」「衛生」「教育訓練」などがあります。
私は、「航空自衛隊で職種:教育訓練」をしており、新しく自衛隊に入隊してきた方に対して、航空自衛隊の基礎となる「知識」「技術」(よくある、右向け右や、匍匐前進など)などを教育していました。
 

【入隊試験】


自衛隊は、国家公務員ですので、試験を受け入隊します。試験内容は、「筆記試験のみ」そのため色々な人が入ってきます。実際どのような方が入ってくるの?と言うと本当にバラバラです。正直、体力に自信のない人、逆にバリバリ体力に自信のある人、団体生活が嫌いな人、芸能人目指している人、本当に様々な人が入隊してきます。現在、31歳まで入隊試験を受けられるので、興味のある方は是非入隊のご検討を!(現在、人手不足なはずです)

 

【試験に受かったら入隊?】

いよいよ入隊・・・その前に実は、試験を突破してもすぐに入隊とはいかず、着隊後(航空自衛隊の場合熊谷または防府南にいくこと)に身体検査があります。そこで、体重が重すぎたり(その他に、癲癇の疑い、心臓病など)すると試験に受かったにも関わらず、身体検査不合格となり基地に行ったにも関わらず、入隊できない場合があります。(しっかり痩せていきましょう)その後無事、入隊となります。
 

【入隊してまず教えること】


入隊して初めに教えられることそれは「規則正しい生活」です。自衛隊の起床は朝6時、そして22時に就寝(基地によって違う場合あり)が基本となります。食事やお風呂も時間が決まっており生活リズムを作ることから始まります。
ここからわかったことは、規則正しい生活をするだけで、「健康に痩せられる」「体力回復しやすい」「精神的安定できる」などを実感することができました。
生活リズムを整える→生活リズムができる→精神安定→食べすぎない→体力回復といった良い循環になり痩せる要因なども生まれてきます。自衛隊の場合は強制的に生活リズムを整えてくれますが、実際やるとなると、そうもいかないと思います。まずはみなさんができること(就寝時間、朝食の時間、夕食の時間、お風呂の時間など)から、生活を整えてみてはいかがでしょうか?
まずは無理なく継続することです。トレーニングも大切ですが、続かなければ無意味なこと、今自分にできることは何か?と問いかけてみて小さな小さな変化からやっていきましょう♪
 
次回は、基本教育中の自衛隊の1日に迫ります。
 
※ここでは、私個人の実体験により感じたことを書いております。

Pick Up

元航空自衛官トレーナー・中原大樹の自衛隊訓練日記【その1】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ