NEW

OK BODY大学002 【凝りを改善してワークアウト効果を高め、軽く快適な心身を手に入れる!】その2

【この記事のキーワード】

, , , ,

ALOHA~!

心身とビジネスを健幸にするOK BODY大学マーケティングコーチのOK和男です!

 

前回の続きです。(前回のコラムをまだご覧になっていない人は、先に前回のコラムをご覧ください)

さて、不快な「凝り」を解消するには、ある2つのポイントが存在します。今回はその2つをまとめてお伝えします。

 

凝りを改善してワークアウト効果を高めて、軽く快適な心身を手に入れるために抑えておきたい2つのポイントを知る前に、そもそも「凝り」はなぜ起こっているのかを簡単に理解しておきましょう。

 

≪「凝り」の発生と悪化のメカニズム≫

⇒ 筋肉の緊張⇒血液循環の低下 ⇒ 老廃物の蓄積 ⇒ 溜まった老廃物が神経を刺激 ⇒ 脊髄から脳へ凝りや痛みが伝わる ⇒ 交感神経が優位になる ⇒ 筋肉の緊張を招く ⇒ 血液循環がさらに低下 ⇒ ますます老廃物が溜まり … ⇒ 「凝り」が「凝り」を呼ぶように、悪化を促して、慢性化していきます。

このように、「凝り」は、厄介な悪循環を起こしてしまいがちです。

 

≪「凝り」を解消する2つのポイント≫

では早速、結論をお伝えします。慢性化への地獄のループを断ち切り、凝りを改善して軽快で快適な心身を手に入れる2つのポイントとは、

 

1:筋肉の緊張を解く

2:血液の流れ(氣・血・水の巡り)を改善する

 

…いかがですか^^?

 

そりゃ、そうだろ!とツッコミを入れた方もいらっしゃるかもしれませんが、凝りに悩まされている本人は、どんな湿布を貼ろうか?どんな痛み止めを飲んだらいいか?病院へ行こうかな?整体?接骨院?マッサージ?? どこへ行けばいいんだろう? などと、辛い凝りや痛みの対処への思考でいっぱいになり、意外にも大切なポイントを見落としがちであったりします。

もちろん、医師などの専門家にみてもらうことも大切ですが、同時に自分でできる改善策も知っておくと便利ですよね。

そこで、今回ご紹介した慢性化への地獄のループを断ち切る2つのポイントを実践するための具体策を3つ厳選して、次回お伝えします。お楽しみに。


マハロ~              

Pick Up

OK BODY大学002 【凝りを改善してワークアウト効果を高め、軽く快適な心身を手に入れる!】その2のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ