NEW

筋トレ初心者必見!ボディメイクのプロが教える筋トレを継続するコツ

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はプロが教える筋トレを継続するコツを紹介していきます。

筋トレは体も変わり、健康的にもなり、いい事ばかり!
とは言うものの、筋トレが継続して続けられる人は非常に少ないです。

私自身、何をしても続かない性格ですが、筋トレだけは継続して早くも10年になります。
定期的に筋トレ初心者の方から「モチベーションが上がらない時はどうしてますか?」といった質問はよく頂きます。
ですので、まずは継続するためのコツを紹介します。

1 ジムはなるべく家の近くに
2 具体的な目標設定
3 トレーニングは週3以上行う
4 疲れたら休む
5パーソナルトレーニングを検討する
 

1ジムは家の近くに

これはそのままなのですが、ジムが近くにあるというのは継続する上では重要です。
家からジムまで距離があると、冬の時期寒かったり、雨が降っていたりすると行く気はしなくなってしまうものです。
可変式ダンベルやベンチ、懸垂ができる道具など、10万円もかからない程度で本格的な物が揃えることが出来ますので、
近くにジムがない方はホームジムを検討するのも良いかと思います。
場所は限られてしまうのですが…

 

2 具体的な目標設定

目標設定の重要性はどのトレーナーも口にする事だと思いますが、絶対に目標設定を行いましょう。
大事なのは具体的な目標設定です。
筋トレはやはり目標がないと続きません。
ダイエット目的であれば、
なるべく早く10kg痩せたい!ではなく、
1ヶ月で5kg、2ヶ月で8kg、3ヶ月で10kg
というように目標設定をしてあげるだけでも全然違います。

3 筋トレは週4以上

人間が行動を習慣化するには週4以上、3ヶ月行わないと生活の一部として続けるのは難しいそうです。
「これから筋トレを趣味にして行く!」という強い意志があるなら最初から週4以上やってしまいましょう。
歯磨きをしないのって気持ち悪いですよね?
衛生面もありますが、毎日歯磨きをすることで習慣化しているのが大きいからです。
最初は大変ですが、「筋トレをしないと気持ち悪い」所まで言ってしまえばこっちのものです!
 

4 疲れたら休む

先程は週4以上行うと書きましたが、疲労が溜まっていると感じたらしっかり休みましょう。
男性に多いのですが、毎日筋肉のことを考えて、疲労困憊になるまで毎日トレーニングをして、

家に帰ったらYouTubeで筋トレ動画を見るみたいな人がいます。
とても素晴らしい事ではあるのですが、そういう方に多いのが疲労が溜まって体調を崩したり、

怪我をしてしまったりして急にパタリと辞めてしまうのです。
疲れているなと感じたら、別の趣味に切り替えて、体を休めることに専念しましょう。

5 パーソナルトレーニングを検討する


私がいうと宣伝みたいになってしまうのですが、筋トレを続けていくならばパーソナルトレーニングは本当にオススメです。
モチベーションが上がらない人は、筋トレはジムに行くまでが勝負です。
予約制なので「行かないといけない」状況を作ることが出来ますし、正しいフォームを指導してくれるのでコストはかかりますが効果は全然違います。
実際私のお客様も、やってみると効果を感じて、「体型も変わり、健康も管理できてこの値段なら安いよね!」

と言ってくれます。

近年はパーソナルトレーナーが急増しており、優秀なトレーナーもたくさんいます!
ぜひパーソナルトレーニングを受けてみる事をオススメします。

トレーナー選びが難しいのですが知識だけでなく、性格の相性などもしっかり見ておくと良いです。
余談ですが、私のクライアントで長期で続けてくださっている方は
私がそうだからなのかもしれないのですが
マイペースで温厚な性格の方が多いように思います。


筋トレを継続するコツについて書きましたが、いかがでしたでしょうか?
何事も継続が大事だとは思うのですが、筋トレはとくにその傾向が強い分野だとは思います。
その分継続して結果が出た時に得られる満足感、達成感は他にはないものがあります。

ここまで読んでくれた方、最後に私の宣伝をさせて下さい。笑
現在FITBOXというレンタルスペースで活動しております。
体験トレーニング+カウンセリングを
現在8000円(税込み)で行なっておりますので、
パーソナルトレー二ングを検討中の方はHPからぜひ一度お問い合わせください。

https://arakikentaro.com/

筋トレ初心者必見!ボディメイクのプロが教える筋トレを継続するコツのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ