NEW

油と脂の違い理解していますか?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは😇

フリーランスパーソナルトレーナーの杉野です🙋‍♂️

今回はあぶらってとっていいの?
気になる方⬇️投稿していきます。😊👍

【 油と脂の違いについて 】

あぶらは敵ではない。
むしろ摂取した方が良い!!

一般的に常温で液体のものを油
個体のものを脂と使い分けます。

常温で液体である植物油や魚油は不飽和脂肪酸と言い良いあぶらに分類されます。
個体である肉の脂には飽和脂肪酸と言い多量摂取してしまうことによる病気のリスクなどが高まり、悪いあぶらに分類されます。

【 油と脂の違いとは? 】


不飽和脂肪酸(油)には大豆油、一般的に植物油が多くリノール酸、オリーブ油に多く含まれるオレイン酸魚油に多いエイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。
→良いあぶら

飽和脂肪酸(脂)にはバターに多い酢酸・ヤシ油に多いラウリン酸、肉の脂肪や植物性油脂に多いパルシチン酸、ステアリン酸などがあります。
→悪いあぶら

不飽和脂肪酸であるEPAやDHAは悪玉コレステロールを下げる作用があり、善玉コレステロールを上げる作用があります。
この比率が悪玉コレステロールに傾いてしまうことにより、動脈硬化、脳卒中などの病気のリスクが増しダイエット中による腸内環境の乱れなど、影響を及ぼしてしまうのです。

確かに脂質は高カロリーの物が多いですが、全くとらないというのもよくありません。

最後まで読んでくれた方ありがとうございます。😊

 

【 SNS紹介 】

Instagram:trainer_sugino

Twitter:@trainer_sugino

公式LINE@:@jpq4946

油と脂の違い理解していますか?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ