NEW

スポーツパフォーマンスに活きる ウエイトトレーニングとは?

【この記事のキーワード】

アスリート専門の
#パフォーマンストレーナー
の舟橋です👍👍・
・�・
先日ストーリーであげました
ウエイトトレーニングから

私がウエイトをする上で
重要視している考えの
一つをご紹介します!


アスリートのパフォーマンス
を上げるために
ウエイトトレーニングを利用している


まずは
この考えを大事にしています。


つまり
ウエイトトレーニングという
形にはめるのではなく
パフォーマンスを上げるために
必要なトレーニングを
使っていく

例えば
わかりやすい例で上げますと

スクワットを行えば
ジャンプ力が上がる
のではなく

ジャンプ力を上げるために
スクワットというツールを
使うということ。


当たり前と考える方も
いるかと思いますが

この視点を持つことで
トレーニングアプローチが
変わってきます。


今日お話ししたいことは
ウエイトトレーニングを
筋肉を鍛えるものとして
考えたら

筋肉の特性を
考慮しないといけないと
いうこと。


その中で私が
重要視する一つとして

Anatomy in motion
のGary Wardも話している

Muscles lengthen before
they contract
筋肉は縮む前に伸びる

があります。


そのため
ウエイトトレーニングも
必ずエキセントリック
からコンセントリックの
流れとタイミングを
指導します。


例えば動画の一つ目の
エクササイズでは

クリーンからのランジ
ですが

動作に入る前に
体の背面の起立筋、臀筋、
ハムストリング、カフと

エキセントリックさせることが
大事(デッドリフトのような動作)。

更にそこから一連の動きで
コンセントリックに繋げる

画像では動作タイミングが
まだ不十分ですが

“縮む前に伸びる”という
考えは理解出来るかと思います。


人間の動きは多くの場合
伸ばしてから(エキセントリック)
縮みます(コンセントリック)。

特にスポーツでは
これが強くなり、ものすごい速さで
行われます。


ここに
重力をうまく捉え
床反力を充分に獲得し
伸長反射を効率よく利用する
ということを加えていきます。


これこそが
アスリートのパフォーマンス
とボディシェイプなどとは
違う点です。


上記のようなウエイトトレーニング
の前にすべきことがあります。
この基礎となる体の使い方を覚えなければ
効果的なウエイトトレーニングには
なりません。

それをお教えする
北海道でのセミナーシリーズ

3月28日(土)
Mobility&Stability評価法

3月29日(日)
Foot Core Training

只今、参加者募集中です!

セミナーの詳細・お申込みは
コメントのURLからご覧下さい!



皆さんにとって何か
プラスになることを
願って❗️


🔽🔽🔽🔽
最新情報・最新求人案内は
オフィシャルLINEで!

ご登録はこちらから

https://lin.ee/fOve0jy

 

 

スポーツパフォーマンスに活きる ウエイトトレーニングとは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ