NEW

筋トレは自宅?ジム?それぞれのメリット・デメリットを検証

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉体をハック(改善)する「BODY HACK」より

こんにちわ。基本は自宅、たまにジムでトレーニングする平野です|д゚)

皆さん、筋トレは自宅派ですか? ジム派ですか?

今回は自宅、ジムで筋トレするメリットとデメリットをご紹介! 特に初心者の方はトレーニングライフの参考にどうぞ!

ジムのメリット・デメリット

メリット
1.トレーニング器具(マシン)が豊富

マシンを利用することで、フォームを考えることなくセットポジションを作ることができます。重量設定も簡単にできるので筋トレ初心者も安心です。

もし使いにくいマシンがあっても、スタッフが丁寧に教えてくれます♪

 

2.室温調整がなされている

季節に関係なくトレーニングができるようにクーラーやヒーターで室温が調整されているので、コンディションによっては身体を温めるためのウォームアップが必要ありません。

デメリット
1.お金

仕事やプライベートが忙しくてジムにあまり行けない月があっても、会費は自動的に引き落とされます。さらに、時間があってもモチベーションが低い場合は通う回数が減ることもあるでしょう。

 

2.時間

職場や自宅の近くにジムがあればいいですが、近くにない場合は移動に時間がかかってしまいます。

 

まとめると、ジムでのトレーニングは移動時間やお金がかかるものの、集中して効率的にトレーニングが可能です。また、トレーニング仲間ができるとモチベーションも維持できるので「一人ではちょっと怠けてしまう」「トレーニングを考えるのが面倒」という人にはお勧めです。

自宅のメリット・デメリット

 

メリット
◆好きな時間に筋トレできる

残業で遅くなる場合は、出勤前に早朝筋トレもアリですし、プライベートの用事があった場合は、帰宅後に筋トレをすることも可能です。短時間で済ませることもできるので、毎日筋トレすることも可能です。

デメリット
◆常に自分一人

一人だと、周りを気にせず張り切って筋トレをできる反面、なまけることも簡単にできます。他人の目がないため競争心が生まれず、モチベーションの低下を引き起こしかねません。

 

まとめると、自宅での筋トレはある程度のトレーニングに関する知識がないと結果に結びつける事が難しいものの「ジムに通う時間を捻出できない人」「一人でもモチベーションを保てる人」「工夫するのが好きな人」にはお勧めです。

 

最後に


知識さえあれば自宅でもできる筋トレですが、自宅がいいのかジムがいいのかを考える場合は、筋トレを始めたキッカケや原点に立ち返ってみましょう!

生活リズムを整えるのが目的なのか、肉体改造が目的なのか。このように原点に立ち返ることで自宅とジムのどちらがベストなのかを選択できるはずです。

 

仮に、ジムでの筋トレに満足できなければ、自宅も試してみて自分に合った方を選ぶこともできます。

 

筋トレをするのが義務や苦痛にならないように、筋トレライフを楽しみましょう♪

 

マッチョ・トレーナーを全世界で募集(男性・女性)!全人類を健康に。
ボディハッカーを全世界で募集中!

 

 

筋トレは自宅?ジム?それぞれのメリット・デメリットを検証のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ