NEW

違う視点を持つことで新たな発見がある

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



アスリート専門の
#パフォーマンストレーナー
の舟橋です👍👍・


「違う視点を持つことで新たな発見がある」
とはよく言われること



画像をご存知の方も多いかと思いますが
これは
日本新聞協会広告委員会が「しあわせ」を
テーマに実施した
「新聞広告クリエーティブコンテスト」
で最優秀賞に選ばれた作品です。


先日
「Force Defiance – 外力への反抗」
というポストをあげました。


そこで言いたかったのは
このForce Defianceと言葉を
覚えて欲しいわけでも
知っている自分を自慢したかったわけ
でもありませんw


トレーナーも他の職業と同じように
視点を変えることで大きな気づきが
あったり、クライアントに脳の変革を
与えることが出来ると考えています。


そこで画像に戻りますが、
“桃太郎”というと
いわゆるヒーローです。


悪者とされる”鬼”を退治し
盗まれた財宝を取り返す。


ヒーローものの典型的な
ストーリーですね。


桃太郎やそのおじいさん、おばあさん
そして村にとっては
ハッピーエンド、「しあわせ」なわけ
ですが


もし殺された赤鬼側の立場になり
そこに子供がいるとしたら・・・

これを見た時、私は
とてもショッキングであり、
感動的でもあリました。


私たちが見ている光景は
あくまでも1側面。


反対側や他の側面から
見るとまた違った世界になる。


これは最近の私の「押し」である
“Anatomy in Motion”の
Gary Wardの本、What the Foot?でも

Other side of coin
硬貨の反対側

と表現しており、
同じ硬貨
でも反対側があることを知るべきと
述べています。


これは今までの方法やメソッドが
“間違っている”
ということではなく

同じ目的のものでも違った側面を
見ることで
今までの方法やメソッドを広げること
が出来たり、発展できたりします。


同じ硬貨で
もう一方の面があったんだ!
今まで見ていた面が間違っていたんだ!
とはならないと言うことです。


よくSNSとかでも見ますが

とある選手が怪我をすると
どんなトレーニングをしていたんだ!
とか
私のところに来ていれば治せるのに!
とか
言う方がいます。

自信があることは良いことですが、
スポーツ現場で働いたことがあるトレーナーならば
わかるかと思いますが

自分の所属する選手や付いている選手の
ことを本当に好きで大事になります。

その選手たちに怪我をさせたくて
させるわけではありません。

もちろん怪我をさせてしまったこと
リハビリがうまくいかなかったこと
に関して一生懸命にアプローチしたから
仕方がないとは思いません。

そこに責任もあり
怪我をさせない、リハビリで成功させなければ
いけません。


しかし
誰もがうまくなって欲しい、
怪我をして欲しくない思いで
選手に接しています。


自分のアプローチは一側面で
しかありません。
他の側面があることを知るべきだと
思います。


話がズレましたが
色々な側面があることを
気づかせてくれるのは

先人の言葉や書籍であったり
他の職業の方であったり
他の国の同業者であったり
します。


今、幸運なことに
カナダに何度も来れて
他の国のトレーナーやコーチたち
とも話す機会があります。


こちらも色々な面を
気づかせてくれれば
相手も「そうなんだ!」
「なるほど!」
と気持ち良い会話ができます。


そこで気をつけていることは
私の理論はこう!と押し付けないこと
私の考えはこうで、
そして日本にはこう言う考えのトレーナー
やトレーニングがあるよ
と他のトレーナーを紹介したりします。
(今は便利になり、SNSですぐにその方達の
トレーニング動画を見せることが出来るので
助かります)


これが
私が常に意識している
異なった視点を持つと言うことです。


では、皆さんにとって何か
プラスになることを
願って❗️



◆◆◆◆◆◆◆◆◆・
北海道でのセミナーシリーズ
申し込み受付中!

3月28日(土)
Mobility&Stability評価法

3月29日(日)
Foot Core Training

只今、早期申込み割引中!

セミナーの詳細・お申込みは
コメントのURLからご覧下さい!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆・

違う視点を持つことで新たな発見があるのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ