NEW

脂質とは(女性専門パーソナルトレーナー田中亜弥)

【この記事のキーワード】

, , , ,

こんにちは!

女性専門パーソナルトレーナーの田中亜弥です。

今日は、「脂質」について書いていきます。
 一般的にマイナスイメージの強い「脂質」ですが、三大栄養素である「脂質」はとても重要な役割を持っています。

 

1.脂質とは

 三大栄養素である「脂質」とは、水に溶けず、エーテルやクロロホルムなどの有機溶媒に溶ける物質の総称で、炭素、水素、酸素で構成されています。
 脂質は、1gあたり9kcalもあり、1gあたり4kcalである炭水化物やたんぱく質と比べて、三大栄養素の中で最も高いエネルギーを得ることができます。

 

2.脂質の働き

(1)エネルギー源としての働き
 脂質は、炭水化物やたんぱく質の約2倍の、1グラムあたり9キロカロリーのエネルギーを産生しており、重要なエネルギー源となっています。
また、脂質は貯蔵効率の高いエネルギー源でもあり、使われなかった分は、皮下や腹腔内に蓄えられます。これにより、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守る働きもあります。
(2)生体膜の構成成分となる
 リン脂質、糖脂質、コレステロールは生体膜(細胞膜など、生物の基本単位である細胞を構成している膜構造の総称)の成分となり、細胞の働きを維持する役割をしています。
(3)脂溶性ビタミンの補給を助ける
 脂質は、体内で作ることのできないリノール酸やαリノレン酸など、必須脂肪酸を摂取するために重要です。
 また、ビタミンA、D、E、Kの脂溶性ビタミンは、脂質(油脂)に溶け込んでいることが多いので、脂溶性ビタミンの供給源としても役に立っています。

3.脂質を多く含む食材

 食用の脂質には、ごま油、大豆油、コーン油、オリーブオイルのように常温で液体のものと、ラードやバターのように固体のものがあります。
 また、魚や肉などの動物性食品、穀物、豆類、乳製品、卵などにも脂質は含まれています。

4.脂質の必要摂取量

 厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、脂質の食事摂取基準は総エネルギー摂取量の20~30%となっています。
 また、コレステロールは体内でも合成されるため、脂質異常症の重症化予防の目的から、200mg/日未満に抑えるのが望ましいとされています。

5.脂質の過剰摂取と欠乏による弊害

(1)過剰摂取の場合
脂質を摂りすぎると、体脂肪として蓄えられて、肥満を招き、脂質異常症(=高脂血症)、動脈硬化、心臓病など、さまざまな生活習慣病の原因になります。
(2)欠乏の場合
 逆に、脂質の摂取量が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、体の抵抗力が低下する可能性があります。
 また、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)が吸収されにくくなり、ビタミン欠乏になるリスクもあります。
さらに、必須脂肪酸である、n‒6系脂肪酸と n‒3系脂肪酸は体内で合成できないので、欠乏すると皮膚炎などが発症する可能性があります。

 このように、脂質は非常に重要な役割を果たしているので、脂質の摂取量を上手にコントロールすることが、生活習慣病を予防する上でも、ダイエットにおいても重要です。

 次回は、五大栄養素の一つ、「ビタミン」についてです。お楽しみに!

<参考文献>

・『改訂新版いちばん詳しくて、わかりやすい!栄養の教科書』中島洋子監修(新星出版社)
・「日本人の食事摂取基準(2020年版)各論『脂質』」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586558.pdf

<お問い合わせ>

※パーソナルトレーニングのご予約・ご相談は下記のホームページよりご連絡ください。お待ちしております!

https://tanakaaya81.wixsite.com/mysite

Pick Up

脂質とは(女性専門パーソナルトレーナー田中亜弥)のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ