NEW

水をたくさん飲むと体に良いのは本当?水がもたらすボディメイクと健康の効果!!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


1日辺り約2Lの水を飲んだ方がいいとされています。
  ではなぜ2Lも水を飲んだ方がいいのでしょうか?

まず初めに身体の約60%が水分で構成されています。
そんなに多くの割合を占めている水分には大切な役割があり、
1日失った分を補う必要があります。

身体の水分の役割は
 ・身体の各部位の潤いを保つ
 ・血液、リンパの流れを円滑にする
 ・老廃物を排出する
     等が上げられます。

 

身体の各部位の潤いを保つ。


 水分は目や口、肌の潤いを保つのはもちろん
 筋肉や関節等の各部位の動きを円滑にしてくれます。
 このため水分が足りていないと目や口が乾き、目が疲れやすくなったり
 虫歯や歯周病などの口内問題を引き起こしたり
 筋肉が攣りやすくなったりと各部位で問題が起きてしまいます。

 

血液、リンパの流れを円滑にする。

 血液の約90%は水分でできています。
 水分をが足りていると各部へ滞りなく栄養や酸素を送ることができます。
 トレーニング中であれば酸素を筋肉へしっかり送れていないと
 出力の低下、持久力の低下でトレーニング効率が下がってしまいます。

 

老廃物を排出する。


 上記でも記した通り水分が足りていないと
 血液の流れやリンパの流れが悪くなり身体の老廃物を
 体外へ排出しにくくなります。そのため代謝も悪くなり
 ダイエット中なかなか脂肪が落ちなかったり
 むくみの原因にもなります。

 

以上のように水分にはとても大切な役割があります。
普段少し意識して喉が渇いたから飲むだけでなく
水分をトレーニング摂ってみると身体の各部位の改善に
繋がるかもしれません。トレーニングをしている方なら尚しっかりと
摂っていただくだけでトレーニング中に実感できるかもしれません。

水をたくさん飲むと体に良いのは本当?水がもたらすボディメイクと健康の効果!!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ