NEW

OK BODY大学058【一流の講師・トレーナーを目指すなら】

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にするOK BODY大学マーケティングコーチのOK和男です!


前回は、グループ指導とパーソナル指導の主な違いを簡単にご紹介しました。(まだ読んでいない方は、このコラムの前にご覧ください)そして今回は「愛される講師・トレーナーになりたい人」&「パーソナル指導で最速で成果を出したい受講生」ともに必見の内容を公開します!

 

≪一流の講師・トレーナーを目指すなら≫
目の前のクライアントさんにとって必要なトレーニングプログラムや食事メニューが指導できるのは、プロトレーナーとしての最低限の義務です。


そのうえで、運動が身体に良いとわかっていてもなかなか実行に移せなかったり、継続できないクライアントさんに対して、無理なく行動習慣を変えて成果を手に入れていただく指導能力も兼ね添えてこそ、プロのトレーナー・講師というものです。


≪クライアントさんと同じ言葉を使おう≫
それでは実際に、クライアントさんの思考や行動パターンにまで変化を起こしていくには、いったいどうすればいいでしょうか?


それは、最新のプログラムや海外で話題の新しいプログラムを次から次へと教えていくことではありません。もっと大切なのは、普段のセッションやフォロー時に使っている「言葉」の確認です。

… こ と ば … ?? 

そうです。“言葉”です…!


≪共通言語で一体感を持とう!≫
トレーニング効果を高めるためには“言葉”を積極的に共有しましょう。いわゆる共通言語というものは、日本語や英語といったLanguageのことではありません。業界独自の言葉や専門用語などの狭い範囲で使われていて互いに認識できる言葉のことです。

現場を改善するときには、クライアントさんと「共通言語」を持つことで、一体感が生まれます!


何気ない「言葉」づかいは、軽く見落としがちなことですが、円滑なコミュニケーションとトレーニング成果を飛躍させるためにはとても重要なことです。

次回は、具体的に「言葉」が現場でどう作用するのか?そしてさらに大切な「言葉の定義」について150万円の講座での気づきと共に公開します。
お楽しみに。


マハロ~  

 

 

 

Pick Up

OK BODY大学058【一流の講師・トレーナーを目指すなら】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ