NEW

OK BODY大学072【美しい姿勢をつくる家トレ「プランク」の応用法】

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALOHA~!

心身とビジネスを健幸にするOK BODY大学マーケティングコーチのOK和男です!

基本のプランク姿勢を保つことが難しいときは、肘を伸ばした姿勢(ストレートアームプランク、別名ハイプランク)から始めてみましょう。←いわゆる腕立て伏せの姿勢です(^^)/

この時の手の位置は、肩の下に手のひらがくるようにしましょう。

 

「それでもきついです!」

という時は、ストレートアームプランクで膝をついた姿勢から始めてみましょう。

≪プランクウォーク≫
次は応用編として「プランクウォーク」を簡単にご紹介します。

1:肩の下に手のひらをついてうつ伏せになります。(ストレートアームプランクの姿勢)

2:姿勢を保ったまま左右の手を交互に前進したり元に戻ったり、繰り返します。

例えば、右手を一歩前に出して、左手を一歩前に出して、右手を元の位置に戻して、左手を元の位置に戻す。
といった動きを繰り返します。

バリエーションとしては、右・左・右・左と、左右各2歩前進して、2歩戻るパターンや、

立ち上がって前屈した状態から始めて4歩前進して、また4歩で元に戻るなど、往復する幅や歩数を変えたり、
サイドに移動したり、ジャンプやプッシュアップを入れたりすることができます。


一般的に「プランク」は、インナーマッスルを刺激しやすい反面アウターマッスルを鍛えにくいのがデメリットだと指摘されますが、バリエーションを工夫することでデメリットを消去可能です。

また別の機会にいろんなパターンを紹介したいと思います!

次回は
動きをつけた応用編を動画付きで公開します。

お楽しみに。
マハロ~♪  

OK BODY大学072【美しい姿勢をつくる家トレ「プランク」の応用法】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ