NEW

ダイエット効果・美容効果があるエリンギの栄養素とは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは☺️

パーソナルトレーナーの杉野です🙋‍♂️

本日はエリンギの栄養素、美容ダイエット効果についてお話していきます(^o^)👌

 

エリンギの栄養成分とは?

【⠀食物繊維が豊富⠀】

→エリンギの食物繊維は水に溶けない不溶性なので、便秘を解消したり、腸のお掃除をしたり、身体の有害物質を排出する効果が期待できます。

また日本人は食物繊維が不足しがちなので是非積極的にとりたい栄養素ですね。

【⠀β-グルカン⠀】

→きのこの細胞壁に含まれる食物繊維の一種

免疫力を活性化して、身体を守る能力を向上させる働きがあることで知られています。

βグルカンは、腸内の免疫細胞にダイレクトに働きかけてくれる食物繊維。さまざまな働きで身体を守ってくれるインターフェロンというタンパク質の生成を促進したり、免疫機能を司る器官をサポートするといった働きがあるため、摂取をすることで総合的に免疫機能を高めてくれるといわれています。

【⠀ビタミンD⠀】

→ビタミンDは、カルシウムの吸収率を高めます。

 

ビタミンDが体内で働きかけることにより、カルシウムの吸収を行うための環境が整うため、カルシウムの吸収率は30~40%までアップするとされています。

カルシウムとビタミンDは一緒にとるように心がけましょう。

ちなみにエリンギは、2〜3時間天日干しすることで、ビタミンDの含有量を数倍に増やすことができると言われています。

【⠀ビタミンB群⠀】

→エリンギは、一般的な野菜よりビタミンB群が豊富です。

ビタミンB1は、糖質の代謝に欠かせません。アルコールの代謝にも必要です。

ビタミンB2は、脂質の代謝に欠かせません。皮膚や粘膜の健康にも影響します。過酸化脂質を取り除く、抗酸化作用もあります。

ナイアシン(ビタミンB3)は、アルコールの代謝に必要です。

二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解も助けます。

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝や、筋肉や血液の生成に関係します。

皮膚や粘膜の健康維持、女性ホルモンを調えるのに欠かせません。

ビオチンは、アミノ酸の代謝を助け、髪の健康を維持する働きがあります。

パントテン酸は、脂質・糖質・たんぱく質の代謝に欠かせません。

これだけのビタミンB群が含まれています。

エリンギ最高🤩ですよね。😅

【⠀カリウム⠀】

→きのこ類は、基本的にカリウムを多く含んでいます。

カリウムの一番大きな働きは、取り過ぎたナトリウムを排出すること。だから塩分の多い日本食には欠かせません。

特に夏場は汗をかきやすく、カリウムが汗と一緒に流れてしまうので、積極的に補充したいところです。

【⠀オルニチン  】

→オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓によい成分として有名ですよね。

オルニチンといえばシジミ?と思い浮かべる人が多いと思います。

実はエリンギの方が多く含まれています。

オルチニンの最も注目される働きは、肝臓での解毒作用。筋肉疲労やたんぱく質の分解によって溜まったアンモニアを解毒します。

実は二日酔いの時に積極的に摂取したい食べ物ですね。

【⠀GABA  】

→神経の高ぶりを抑え、リラックス効果が期待される。

GABAの作用は他にもコレステロールや中性脂肪を抑えたり、腎臓・肝臓機能の働きを活性にして血圧を下げたり、アルコールの分解などに効果があると言われています。

また最近では、アルツハイマー症の予防や改善にも、効果が期待されてます。

 

エリンギはさらにダイエット効果もあります(^o^)👌

エリンギに含まれるカリウムにはむくみの原因になる塩分の排出に効果的と言われており、むくみがなくなることにより脚が細く見えたりなどもします。

さらに新陳代謝を高めて、 溜めずに燃やせる体に!!

肝臓の働きを助けて疲労回復に役立つオルニチンが特に豊富と先程言いましたが、肝機能を高めることで新陳代謝が活発になり、余分な脂肪が溜まりにくくなります。

脂肪が溜まりにくくなるのです。

いかがでしたでしょうか?🤔

また質問等わからないことがあればお気軽にご相談ください😊

❇️ホームページ❇️

https://trainer-sugino.com/

❇️Instagram❇️

http://Instagram.com/trainer_sugino

❇️公式LINE@❇️

https://lin.ee/gCv7mVX

ダイエット効果・美容効果があるエリンギの栄養素とは?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ