NEW

荒川の小言22『人工甘味料の恐怖』

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒川の小言22『人工甘味料の恐怖』の画像1

こんにちは~荒川で~す。

人工甘味料って生活の中であふれているものですよね。

カロリーゼロだったりと表記があり、ダイエットにはもってこいというような商品ではありますが、実は怖いものでもあるということだけお伝えしようかと思います。

まず、我々の食事がよく角砂糖〇〇個分という表記がされており、それを参考に血糖値をあげないようにとか、カロリーを計算したりなどとする人が多いかと思います。

ここで需要なのが角砂糖なのです。

実際に角砂糖で表したところで参考にできるのは糖質の量だけ。

白米よりも玄米の方がいいとか、オートミールの方がいいとか、

そんな栄養素に関しては一切触れていないのです。

なのでそれだけを参考にして食材を選んではいけません。

もしそうしたならば、低血糖になったり、糖質が少なすぎてカタボリックになったり、代謝が低下したり、体の機能自体が低下してしまいます。

なのである程度糖質は摂取しなければなりません。

かといってたくさん摂取すればそれはそれでオーバーカロリーに陥り、そのほかのたんぱく質やビタミンなどが欠乏してしまいます。

そこからさまざまな不調や、筋肉が作られないなど、細胞の代謝が遅れるなど、そういったことが起きてくるわけです。

さて、本題に戻りますが、人工甘味料についてですが、過去に日本で実際に人体を使って行った研究論文を見たことがあります。

その中では、ある一定の期間、一定の量の人工甘味料の入った飲料を摂取してもらい、最終的にどんな結果が出るのかという内容でした。

人工甘味料だからカロリーゼロだし太らないよね?なんて思いますよね?

真逆でむしろもっとひどい結果です。

糖尿病リスクがあがってしまったのです。

その理由としては、人工甘味料を摂取することで、甘味は感じるが血糖値の上昇が無い。

これは体にとってはちゃんちゃらおかしいことなのです。

不自然なことなのです。

また、腸の中にも甘味を感じるセンサーがあり、舌と腸で混乱が起きていたことがわかったのです。

そしてインスリンの分泌機能が破綻し、より食欲増進作用を引き起こしたり、さらに甘いものが食べたくなったり飲みたくなったり、そんな事態が起きてしましました。

つまり人工甘味料により、さらにダイエットには不向きな体になってしまったとおいうことです。

普通の砂糖の甘さの約600倍もの甘さがあるため少量でokな人工甘味料、だからこそカロリーの低い人工甘味料。

油断してはいけません。

人工甘味料は控えめにすることをお勧めします。

なんでも摂りすぎは良くないですからね~!

荒川の小言22『人工甘味料の恐怖』のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ