NEW

荒川の小言23『10回3セットは嘘??』

【この記事のキーワード】

,

こんにちは~荒川で~す。

みなさんこのご時世、気持ちよくトレーニングできていないですよね?

自宅でのトレーニングに汗を流している方もいらっしゃるかと思います。

そこで、このコロナが終息することを待つばかりではなく、正しい知識を今のうちに蓄え、終息後には最高のトレーニングができるようにしましょう!

今日は負荷設定に関してです。

正直、昔からあるこのタイトルの回数設定。

昔からあることだからこそ、だれも疑うことはしなかったのではないでしょうか?

僕は理学療法士なので、病院で働き、リハビリを提供するには根拠のある内容が必要です。

根拠のない適当なリハビリをしていて、もし効果が出なかったら?

明らかに患者様は不快に思うでしょう。

国家資格なのに?人の命や人生を預かっているのに?

なんでそんなに適当なことするの?

という風に、なんとなくでは生きていけません。

だからこそ論文を調べ、読み込み、内容を理解し、トライ&エラーでそこからまた学び、さらに学を深めるということを永遠にする。それが医療従事者です。

医者が適当に薬を出してたら嫌ですよね?医療現場というものは一般の方が思っているよりかなりシビアです。

そんな中、やはり僕はトレーニングに重きを置き、リハビリを効率よく、さらに飽きさせずにうまくやる方法を調べて院内で勉強会を開いたことがあります。

実際にいろんな論文を読みましたが、英論文は特に読むのは大変でした笑

タイトルに戻りますが、10回3セットはアメリカスポーツ医学会で決められた運動負荷強度の推奨数値です。

しかし、これの根拠はないそうです。

だからといってアメリカを攻めないでくださいねw

昔の話ですから、、、w

ここでどんどん世界は進歩をしていきます。

動物実験だったり、人体実験だったり、いろんなことをします。

その中でやはり根拠のある回数は、目的によって変化もしますが、基本的には10回以上は行いたいです。

物理的ストレスであればもっと回数は低くてもかまわないと思いますが、化学的ストレスの場合はもっと回数は増やします。

そしてセット数も4セット以上は行いたいですね。

筋の成長やタンパク質合成、成長ホルモン分泌の面で考えて試行錯誤するのは大事です。

まず今まで3セットまでで終わっていた方。もうひと踏ん張りして4セット以上やりましょう。

ただ10セットまでいくと負荷によってはオーバーユースになり筋破壊が起きる可能性もありますので注意が必要です。

Pick Up

荒川の小言23『10回3セットは嘘??』のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ