NEW

荒川の小言28『一瞬で足の冷えを改善する方法』

【この記事のキーワード】

,

こんにちは~荒川で~す。

だいぶ暖かくなってはきたものの、まだ夜や朝は少し冷えるんじゃないでしょうか。

そこで気になるのが冷え性ですよね~。

冷え性といっても末端冷え性のことを今回は話しましょうかね。

まず、人間の体温は恒常性(ホメオスタシス)といって一定に保たれています。

つまり恒温動物ということです。

他の動物には変温動物などがいると、学校の理科の授業で習った方もいるんじゃないかと思います。

ということは、血液の温度などはある程度一定ということですよね?

そして、体を温めるために何かが働いているということですよね?

その温かい血液が、うまく流れない、もしくは流せない、もしくは血液量が少ないなどいろいろと理由はあるかと思いますが、、

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

「ふくらはぎは第二の心臓」

そうなんですよね、その通りなんです。

じゃあカーフレイズだけやってればいいかというとそうでもない。

それは辛いし、もはや立ち上がるのもめんどくさい。

というそんなあなたにお勧め!!

座りながら簡単にできる冷え性の改善策を教えていきます。

まず、ちょいと専門用語を使用しますと、、、

1.前脛骨筋と脛骨の間に前面から母指を強めに押し込む

2.その指圧がされた状態で底背屈運動を行う

3.範囲は近位から足関節部まで

これをやるだけで一気に足は暖かくなります。

一般レベルで解説をすると、、、

1.すねの筋肉(足を曲げた時に盛り上がる筋肉)とすねの骨の間に親指をねじ込む

2.そのねじ込んで押した状態のまま足首の曲げ伸ばしを繰り返す

3.これを上の方から下の方までやれば足はホカホカ

ということになります。

なんとなくおわかりいただけたでしょうか。

これは、前脛骨筋や下腿三頭筋などの筋収縮による血流促進と、主は下腿骨間膜へのアプローチとして、後脛骨動脈への刺激も考慮してアプローチをかけるというかたちになります。

すると、ほどよくリリースされた筋や膜のおかげで血流促進を期待でき、冷え性の改善につながるという考察になります。

簡単なのでぜひやってみてくださいね。

荒川の小言28『一瞬で足の冷えを改善する方法』のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ