NEW

【コロナ対策】ウイルス対策用サプリメント【必見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは!
 パーソナルトレーナーの中根です。
本日の記事の内容は「ウイルス対策のサプリメント」となります。
サプリメントでウイルスから完全に身を守れるのか、と問われたら完全なYESは出せませんが「できる事はある」というのが私の意見です。

 今回推奨させていただくサプリメントはアメリカの分子栄養医学の権威とも言えるアンドリュー・W・ソウル氏の意見と私個人の意見を両方記載させていただきます。

 不要不急の外出を自粛する事が勿論重要ですが、自身の免疫を高める事も重要です。
是非、取り組めるものからお試しくださいませ。


ビタミンC


 ビタミンCは言わずと知れた免疫力upの効果を持つビタミンです。特に呼吸器系への貢献度は高い事が証明されています。
人間は自らビタミンCを合成する能力はないので、ここはサプリメントからの摂取を推奨します。
 推奨量は「1日3000mg以上」を「複数回に分けて」摂取できると良いでしょう。
食事と共にとれば忘れずにすむでしょう。
 水溶性のビタミンCの場合は体内に留まる時間が長くないため「2~3時間に1回」、それが厳しければ脂溶性ビタミンを用いると良いでしょう。

 

ビタミンD


 ビタミンDには「免疫機能の調整」「骨の合成」という役割があり、日光を浴びる事で体内での合成が可能です。
しかし、現在の状況では外出は好ましくないので日光を浴びる量も必然的に下がってしまうためサプリメントで補った方が効率的でしょう。
(日照時間が下がる冬にインフルエンザが流行する要因の一つとも言われます。)
 推奨量は「1日2000IU」、「最初の2週間は1日5000IU」となります。
1日8000IUを超えてしまうと急性腎障害が起きたという報告もありますので、過剰摂取にはご注意ください。

 

マグネシウム


 マグネシウムが不足するとナチュラルキラー細胞など免疫に関わる細胞の活動が著しく低下する事が認められています。自身の免疫細胞の活動を高めるためにも「1日400mg」を目安に摂取すると良いでしょう。
 食品だと魚・豆類・野菜に含まれますが、効率的な摂取を目指すのであればやはりサプリメントの力を借りた方が賢明です。

 

亜鉛

 亜鉛には細胞を酸化ストレスから守る働きがあるため、摂取する事で自身の免疫細胞を強化する事が可能です。

 亜鉛は体内で生成する事ができないのでサプリメント・食事により積極的に摂取すると良いでしょう。 摂取量は「1日20mg」。運動頻度の多い方・アスリートは「20-40mg」まで増やしましょう。

 

セレン

 がん予防で注目された微量栄養素ですが、不足してしまうとPEM(低栄養)を引き起こし、体内の免疫機能が低下する可能性があります。

上記サプリメントとの相性が良いので単体での摂取よりも、他の物との併用が望ましいでしょう。  推奨量は「1日100μg」でカツオ100g分に値します。

 

その他にできる事

 

喫煙者は煙草を控える。 →肺の免疫システムを低下させるため、感染リスクが高まってしまう。

睡眠時間をしっかりと確保する。

適度な運動を行う。 →過度の運動は逆に免疫低下を引き起こすので軽く汗をかく程度に。心配な方は運動後にグルタミンを摂取してください。

過度の飲酒を控える。

 

最後に

 今回は私が持ちうる情報・知識を最大限絞り出して執筆させていただきましたが、免疫向上のためのサプリメントは他にも多数存在します。その中でも上記のサプリメントを紹介したのはこれらの相性が良いからです。

 コロナウイルスの脅威は留まる事を知らず、収束の目処が立っていないのが現状です。 私たちにできる事は不要不急の外出を控え、自身の免疫力を高める事ではないでしょうか。

今回の記事が皆様のお力になれば幸いでございます。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

============================

パーソナルトレーニング・オンラインでのトレーニング指導・食事指導をご希望の方は下記SNSアカウントへご連絡くださいませ!

Twitter → @seiji_hulkbox

Instagram → @seiji_hulkbox

【コロナ対策】ウイルス対策用サプリメント【必見】のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ