NEW

直接ストレッチせずに腿裏を柔らかくする方法【動画あり】

【この記事のキーワード】

, ,


大阪市西区南堀江にあります
LiteraMilitaパーソナルトレーニングジム代表の武部紘一郎です!

みなさん腿裏の硬さ気になっていますか??

1日中家で過ごしたり、オフィスでデスクワークをしていると、
身体のなまりが気になりますよね?

動いていないので身体もガチガチになって肩回りや腰周りがつらい方もいるでしょう。

 

身体の硬い方が一番気にする「腿裏の硬さ」を解消する方法をお伝えします!

といえば、ストレッチするんでしょ!?と思いますよね?

 

「ストレッチは痛いしやる気にならないよ」

「マットを引いて寝転がったり、そんなスペースないよ」

「オフィスでストレッチなんかやってたら怒られるよ」

いろんな言い分はあると思いますが、

 

今回は身体の硬い方が一番気にする「腿裏の硬さ」を
ストレッチすることなく柔らかくする方法をお伝えします。

 

腿裏をストレッチすることなく柔らかくする方法の動画はコチラ

参考になりましたら、評価・チャンネル登録もお願いします!


身体の【硬さ】には2パターンある!?


一般的に身体が硬いというのは2パターンあって、
「関節の硬さ」もしくは「筋肉の硬さ」ということになります。

関節の硬さに関しては、
通常関節の中には油のようなものが分泌されていてヌルヌルとしているので
膝を曲げたり伸ばしたりがスムーズにできるんですね。


それが高齢になってくると
関節内に分泌される油の量が減ってしまって身体が硬くなってしまったりします。

高齢者に関しては関節の硬さを気にする必要もありますが、
それ以外は身体が硬いということは筋肉が硬いと考えればよいでしょう。

 

どうすれば筋肉が柔らかくなるのか!?


筋肉は力を入れると硬くなり、力を緩めると柔らかくなります。

当たり前のことなのですが、
肩こりだったり慢性的な腰痛を持っている方は、
力を入れてないのに筋肉が硬いという状態になっているということです。

まずは身体全体をしっかりとリラックスできるようにストレス解消を心がけましょう。筋肉の状態とココロというのは繋がっています。

ストレス解消のために、
お風呂や軽い体操、ジムでのトレーニングなど個々にあった方法を試してみましょう!

 

次に筋肉が硬い方は全身の血液やリンパの流れが悪くなっています。

長時間デスクワークしたり、
飛行機に乗ったりしたときのことを思い浮かべてください。

急に動こうとすると身体がより硬く感じますよね!?
全身の血流を促すべく、これも体操や入浴、ジムでの運動などが効果的です。

 

筋肉は対になって働いていて、片側の力を入れると反対側は緩みます


力こぶを例に見てみましょう。

力こぶを作ると、いわゆる上腕二頭筋という筋肉が収縮します。
その時に腕の反対側にある二の腕は緩んでいるんです。


その法則を利用して効率よく筋肉を柔らかくすることもできます。

では筋肉の硬さの性質を理解したうえで、
直接ストレッチすることなく腿裏を柔らかくする方法を見ていきましょう。

 

腿裏を実際に柔らかくしていく方法

 

まず最初に今の状態をみます。
まっすぐ立って前屈してみてください。

どうでしょうか?なかなかひどいですか?


「これはヤバイ!硬い!」という方!!!
これをぜひとも改善していきましょう!


改善方法①


まずは座った状態で太ももの前に力をいれます。

太ももの前に力を入れると
先ほど例でもお話ししたように反対側の腿裏が緩みます。

この法則を使って膝を伸ばして太ももの前に力をギューッと入れてみましょう。


10回ほど力入れる・リラックスを繰り返します。


改善方法②


座っているイスに少し肘を曲げて手をつきます。

その手で椅子を押して少しお尻を浮かせるように力を入れましょう。

これで二の腕に軽く刺激が入ります。
よってその裏にある力こぶの方の筋肉を緩めることになるのです。

そのうえで力こぶのところを軽くマッサージしてあげましょう。

 

改善方法③

身体は全て繋がっています。

腿裏の筋肉は力こぶの方に繋がっているのですが、
最終的には頭までつながっています!

ということで、最後にヘッドマッサージを行いましょう!


頭皮にしわができるようにわしゃわしゃしちゃいましょう!


完全に座ったままで、腿前や二の腕の軽い筋トレをしつつ、腕と頭をマッサージ。
全身の血流も良くなるし、身体にとっていいことばっかり!

これが数分でオフィスにいながらでもできちゃいます!
そして最後に腿裏まで柔らかくなってる!っていうね。最高でしょ!?

念のためチェックもしておきましょう!


おおー、割と柔らかくなりました!

 

最後に

皆さんも多少なりとも効果が出ているかと思います。
前屈して、やる前と比較してみてください!

何も広い場所で「イタタターッ」と言いながら腿裏を伸ばさなくても大丈夫!

腿裏がしっかり柔軟性を持つと、腰痛や猫背の改善にもつながります!
ストレッチが嫌いでもこれならできる気がしませんか!?

これでゆっくり腿裏を柔らかくしていきましょうね!




 武部紘一郎/Koichiro Takebe
ATC,CSCS,PES.

LiteraMilitaパーソナルトレーニングジム
代表。パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー。年間で1500回以上のセッションを担当。「めざましどうび」や「ウラマヨ!」などメディア出演も多数。

アメリカ・フィンランドなど7年間の留学経験を活かし、身体の不調や悩み・コンプレックスを抱える方に寄り添いながら改善へと導く指導をモットーとしています。一般の方はもちろん、ヨガインストラクター・役者・歌手・アスリートなど幅広く指導している。

   http://literamilita.com/

 

 

 

Pick Up

直接ストレッチせずに腿裏を柔らかくする方法【動画あり】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ