NEW

スクワットのローバーとハイバーの違いについて

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは😊

パーソナルトレーナーの杉野です🙋‍♂️

本日は前の記事につづいてスクワットについてお話していきたいと思います。

【⠀スクワットのローバーとハイバーの違い理解していますか?  】

バーベルを使うスクワットには主に2つの方法があります。

ハイバー・スクワット

ローバー・スクワット

これらの方法はバーベルをセットする位置によって決まります。

ハイバーの場合首の付け根(第7頚椎)あたりにバーベルをセットします。

ローバーの場合肩甲骨の中央あたりにバーベルをセットするのがローバーになります。

そしてこの前の記事で足の真ん中でバーベルを上下させるというスクワットの原則に基づく2つの方法でバーベルをおろした姿勢は異なります。

ハイバーではバーベルが高い位置にあることから膝を深く曲げ、体の前傾は浅い姿勢になります。

これに対してローバーの場合バーベルが低い位置にあることから膝の曲がりは浅くなり、体の前傾が深くなります。

【⠀ハイバーはどこの筋肉を使っているの?】

・大腿四頭筋(太ももの前)がにより負荷がかかりやすくなります。

ハイバースクワットでは大腿四頭筋の筋力アップや筋肥大を目的とした時に有効になります。

【 ローバーはどこの筋肉を使っているの?⠀】

・大臀筋(お尻)

・背筋に負荷を大きくさせることができます。

ローバースクワットでは臀部や背筋の筋力アップや筋肥大を目的とした時に有効になります。

いかがでしたでしょう?🤔

なにかご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください😁

❇️ホームページ❇️

https://trainer-sugino.com/

❇️Instagram❇️

http://Instagram.com/trainer_sugino

❇️公式LINE@❇️

https://lin.ee/gCv7mVX

スクワットのローバーとハイバーの違いについてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ