NEW

腹筋種目「ドラゴンフラッグ」について

今回は、男なら誰もが憧れてしまう(?)腹筋種目「ドラゴンフラッグ」についてです。腹筋種目「ドラゴンフラッグ」とは一体どんなものなのでしょうか。みていきましょう

ドラゴンフラッグとは、運動の軸を頭側とし、それ以外の体を一つのかたまりとして固定、維持し、動作を行うことによって腹直筋を中心に負荷をかけていく腹筋種目です。

尾側から頭側に離床部分を多くすればするほど、腹直筋にかかる負荷量は増大していきます。

ドラゴンフラッグは、見た目において、他の腹筋トレーニングに比べ、アクロバティックで派手な種目のため、パフォーマンスに用いたとしても十分に通用する腹筋種目ではないでしょうか。

通常、腹筋トレーニングを行うとき、たとえばクランチでは腹直筋の上部が、Vシットアップでは腹直筋の上部、下部の活動が増大するといったように、活動の主役はあくまでも腹筋です。

ドラゴンフラッグは腹筋種目といっても実際に行ってみるとわかるのですが、腹筋の筋肉のほか、体を連動させて動かすため、腹筋以外の筋肉も十分に活動されます。

ドラゴンフラッグで活動する上半身の主な筋肉は以下の通り

腹直筋、外腹斜筋、広背筋、上腕三頭筋、の筋肉

—————————
腹直筋(ふくちょくきん)
いわゆる「腹筋」のことで、腹部前面にある板状の筋肉。

外腹斜筋(がいふくしゃきん)
側腹部(そくふくぶ)でもっとも表層にある筋肉。体をねじる動きの主力となる筋肉です。

広背筋(こうはいきん)
背中の下の方、広い範囲から起こり、脇の方に線維が集まって、腕の骨に付着する扇状の筋肉で、人体でもっとも面積が大きく、強力な筋肉です。

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)
肘を伸ばすとき主力となる筋肉です。
—————————

ドラゴンフラッグは、頭部、上半身で体重を支持するため、支点となる部分のトルクが大きくなり、上腕三頭筋や広背筋などの上半身の筋肉の活動量が大きくなります。

まれにドラゴンフラッグをすると、腕が疲れる、腕が痛いといったことが起こるのはこのためです。

また、ドラゴンフラッグの姿勢を維持する、つまり重心のコントロールをするため、体幹、股関節のコントロールが必要とされて、腹筋群のほか、股関節まわりの筋肉の活動が増すものと思われます。姿勢の安定性には腹横筋、内腹斜筋、多裂筋など深層の筋肉ももちろん関わっているので、それらの筋肉の活動量も増すものと思われます。

そうです。腹筋運動というより、体幹運動です。

ドラゴンフラッグはブルース・リーがトレーニングに取り入れていたことでも有名ですが、その理由はこのようなところからもあるのかもしれませんね。

次回はドラゴンフラッグを実際に行う際のコツについてみていきたいと思います。

腹筋種目「ドラゴンフラッグ」についてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ