NEW

【美姿勢】筋トレ効果を支える日常のOK姿勢7つのポイント(前編)

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALOHA~!

心身とビジネスを健幸にする日本ボディデザイン協会マーケティングコーチのOK和男です!


前々回から続いた【美姿勢】シリーズ。今回は「姿勢」のどこを意識するといいのか?具体的にご紹介します。

 

≪筋トレ効果を上げるOK姿勢≫
筋トレ効果を上げるためにも普段から姿勢を整えておきましょう。
*肩甲骨を寄せる、寄せない。腕や膝を伸ばす、伸ばさない。あるいは、手や肘のポジション、視線、上体の角度といったものは、行うトレーニング種目で当然変わります。

ひとつひとつ書いていたら、永久に終わりそうもないので、お目当ての部位のトレーニングを得意とする各トレーナーさんが発信する(筋トレしようぜ!コラムやYouTubeチャンネルOKWALKTVなどの)情報から自分にベストなものを見つけてください。


私も機会をつくってそういった情報もどんどん発信していきますので「チャンネル登録」や「いいね」「コメント」などで交流してくださいね!
OKWALKTVはこちら
http://www.youtube.com/channel/UCpVRY8BdajaiHSwkmqPwXTw?sub_confirmation=1

まず今回は、そもそもの土台となる「日常の姿勢」にフォーカスします。なぜかというと、座る・立つ・歩くといった日常の姿勢の癖が、走ったり跳んだりトレーニングをするときに表れるからです。


≪日常のOK姿勢7つのポイント≫
それでは具体的に「姿勢」のどこを意識するといいのか?7つに絞ってお伝えしていきます。ちょっと長くなってきたので今回は、とっても重要なポイントを1つ紹介します。

1:足裏の重心(2つの3点支持)を感じ取る!
拇趾球(ぼしきゅう)親指のつけ根と、小趾球(しょうしきゅう)小指のつけ根と、踵骨(しょうこつ)かかとの3点にバランスよく体重を乗せます。

もうひとつの3点は、足の指と足の指の付け根とかか3カ所です。

かかとに重心が偏りすぎると足の指が浮いてしまい(浮指状態)2点支持になるために立位姿勢や歩行が不安定になります。

 

この1つ目のポイントは、綱渡り中でもなければ、普段はあまり意識をしていないものです。「あなたは今、足の裏のどこに重心がありますか?つま先ですか?かかとですか?外側ですか?」などと意識を向けられて、はじめて確認できたりします。


だからこそしっかりと意識を向けることで、日常生活ではもちろんのことトレーニング時にも重要なポイントになります。早速、ウォーキング時やスクワットなどの際に意識を向けてみましょう。

次回は残り6つのポイントを公開します。お楽しみに。

マハロ~ 

【美姿勢】筋トレ効果を支える日常のOK姿勢7つのポイント(前編)のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ