NEW

【美姿勢】筋トレ効果を支える日常のOK姿勢7つのポイント(後編)

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする日本ボディデザイン協会マーケティングコーチのOK和男です!

前回は≪筋トレ効果を上げるOK姿勢≫1つ目の重要ポイント「足裏の重心(2つの3点支持)を感じ取る!」をお伝えしました。今回は残り6つをまとめてご紹介します。

 

 

≪日常のOK姿勢7つのポイント≫


2:骨盤角度を意識する!
骨盤が前傾し過ぎて反り腰になったり、逆に後傾し過ぎて猫背や膝の曲がりを誘発させてしまわないように、スクっと立てておきましょう。(やや前傾にして腹筋を伸ばすと姿勢も良くなります)

3:お腹でおへそをつぶさないようにする!
お腹はおへそが縦長になるように腹筋を上下に伸ばします。

4:腕は脚の幅の中に収める!
まっすぐに立って真横から見た時に、腕は身体の中心のやや後ろの位置で手のひらは自分の脚の方向に向けます。この時腕が脚よりも前にあると、巻き肩・猫背になりやすくなりますので注意しましょう。

5:胸のデコルテラインを美しく魅せる!
胸はデコルテラインを前方斜め上に引き上げるようにして、胸を広げるようにします。

6:肩は力まない!
肩は力まないようにリラックスさせることで、パフォーマンスが上がります。

7:視線を活用する!
視線は姿勢や動作に大きく影響します。有効に活用しましょう。
具体的には、いつも下ばかり見ている人は猫背になりやすくなったりします。

以上、前編後編でご紹介した合計7つのポイントを意識して、常日頃からOK姿勢で過ごすようにしましょう。

次回は、筋トレ実践時の具体例をご紹介します。お楽しみに。

参考動画
イベントリポート&骨盤角度とウォーキング
https://www.youtube.com/watch?v=5LYGcVB4IVI

マハロ~  

【美姿勢】筋トレ効果を支える日常のOK姿勢7つのポイント(後編)のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ