NEW

正しいスクワット

【この記事のキーワード】

, , , ,

自宅でできるトレーニングを紹介します。


今回は筋トレの定番スクワットです。

スクワットは様々なやり方があります。

その中でも一つ怪我のリスクがとても少ないワイドスクワットをご紹介します。

トレーニング始めていきましょ!!

 

・足の幅

足の幅ですが肩幅よりも約1.5足広めにとってください。

約1.5足

足の幅をとったら爪先を約45°程度外に開いてください。

爪先はハの字になります。

そのポジションが足の幅の基本になります。


膝を曲げていく際は膝の向きと爪先の向きが同じ向きに向きながら下がっていきます。

・上半身の角度です

上半身の角度ですが、


背骨とすねの骨が横から見て平行になっていることがとても重要です。


なぜかと言いますと走るなどの動作の際は自然的に背骨の骨とすねの骨は横から見ると平行になっています。

日常動作でも平行になることが多いです。

 

 

・足裏の重心位置


スクワットをおこなう際は足の裏の重心は均等に保っています。


足の親指、足の小指、かかとです。


この三点にしっかりと重心を均等にしているのがスクワットはもちろん一般の方日常生活でも基本になります。


・手の位置


手の位置はスクワットの動画を見ていると様々のところに置いていることが多いです。


重さを持っているのは仕方ないのですが、

重さを持たない場合のスクワットでは手の位置は肘を90度にまげて横腹の横に肘が来るように置きます。

膝を曲げてくると同時に横腹にある肘を後ろに軽く引きながらしゃがんでいく、

膝を伸ばすとときにまた横腹に肘が来るようにするの繰り返しです。


なぜ横腹の横に肘を置くのかと言いますと、

こちらも日常生活で歩く際は足が後ろにくると手も後ろにきます。

 

 

まとめますと

 

・足幅は肩幅よりも約1.5足広めにとる

・上半身の角度はすねの角度と背骨の角度が横から見たときに平行になっている

・足裏の重心は親指、小指、かかとに均等に重心をおく

・手の位置は横腹の横に肘が来ていてしゃがんでくると肘を軽く下げながらおこなう

 

 

是非お家でやってみてください

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


🔥パーソナルトレーニング受付中🔥


男性、女性関わらず受付ております😆

お問い合わせもお気軽にお待ちしております

体験無料ですので


公式LINE@にて『体験』

と送ってください!

Pick Up

正しいスクワットのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ