NEW

ダイエットのための基本的なカロリー計算の仕方

こんにちは!

fitbox登録トレーナーのふっかです☺

 

今回は

 

ダイエット時の基本的なカロリー計算の仕方

 

についてご紹介していこうと思います。

 

 

皆さんはダイエットにおいて何を一番重きに考えていますか?

●食事量を減らすこと

●運動をたくさんすること

●ランニングやウォーキングなどの有酸素運動をたくさんやること

などなど気を付けるべきポイントは出そうと思えばいくらでも出てくると思います。

上記のポイントで間違っているポイントはぼくは1つもないと思っていて、

仮に毎日5,000kcalくらい摂取カロリーがある方からしたら食事量は減らさないときっと痩せていきません。

運動を全くせず、1日の消費カロリーはほぼ基礎代謝(※1)のみです。という方は運動をたくさんしないといけません。

(※1)基礎代謝とは1日の中で何にもしなくても内臓や心臓の動き・働きで消費されるカロリーのこと。

有酸素運動をあまりお勧めしないトレーナーさんも中にはいると思いますが、ぼくは少なくとも否定はしません。運動量を増やしたいけど全部筋トレは嫌だ!という方ならタイミングさえ間違えずに有酸素運動をするなら全然効果的だとは思います。

 

しかし、ダイエットにおいてなんだかんだ重要なのは

やはり食事

なのです。

どれだけ運動しても食事がオーバーカロリーになってしまってはいけません。

三大栄養素といってエネルギーを持っている栄養素があります。

それはたんぱく質、脂質、炭水化物です。

たんぱく質と炭水化物は1gあたり4kcalのエネルギーを持っています。

脂質だけ1gあたり9kcalのエネルギーを持っています。

この数値を一目見て、『あ、じゃあ脂質摂りすぎたら太るじゃん』って思った方は優秀です。頭がいいです。素晴らしい👑

ダイエットをするうえで大原則として

【1日の摂取カロリーは消費カロリーを超えてはいけない】

というものがあります。

体脂肪は1kgあたり7200kcalで消費できます。ということは7200kcalを消費しないと体脂肪で体重1kg減らないってことです。

「えぇ…7200kcalもどうやって減らすの…。しかも目標-5kgなんですけど…。約35,000kcalも消費しないといけないじゃん…」

 

そうなりますよね。しかし、考え方によっては少し楽になるかもしれません!

例えば、1日の消費カロリーが2,050kcalだったとしましょう!

(18~29歳の軽めの運動習慣のある女性の消費カロリーです。)

厚生労働省の資料から一部抜粋 参考サイト

https://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2a.html

その場合で1日あたり1500kcalを食事で摂取したとします。

そうなると550kcalの余りが出ます。それを続けてみてください。

1週間で約‐3,850kcal(約‐0.5kg)全然減らない!ペットボトル1本分じゃん!

1か月で約‐15,400kcal(約‐2.1kg)あれ?意外と減ってる…

2か月で約‐30,800kcal(約‐4.2kg)うそ…目標まであと少しだぞ…

2か月半で約‐38,500kcal(約‐5.3kg)えぇー!目標達成できた!!

 

イメージこんな感じの計算になるわけです。

1日1500kcalというのは毎食白米食べてお肉食べても全然足りますからね!

逆に脂質をたくさん摂りすぎてしまうと意外と1500kcalはオーバーしてしまうかもしれないのでそこだけ注意ですね!

食事のバランスを一度見直してみて、

もっと楽に楽しくダイエットをしてみませんか??

ただいま新規のお客様を募集しております。

(対応はコロナウイルスが落ち着いてからになると思われるので今のところは未定ですが…)

筋力アップ、姿勢改善、肩こり腰痛改善、ボディメイク、食事改善指導、タイ古式マッサージなどいろいろなコースをご用意しておりますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ☺

ご連絡は下記の公式LINE@からメッセージいただけるとすぐにご対応できます。

パーソナルトレーナーふっかの公式LINE@


ご連絡お待ちしております^^

ダイエットのための基本的なカロリー計算の仕方のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ