NEW

効率のいい腹筋って??

【この記事のキーワード】

, ,

メッセージありがとうございます!

 腹筋をする上で最も効率のいい種目、ずばりそれは…

クランチです!!!

誰もが一度はやったことがある種目ではないでしょうか??
体力測定の時の上体起こしと同じような動作ですね!


ではなぜクランチがいいのか、
それは腹直筋というのは体幹の屈曲のみで鍛えられる筋肉だからです!

体幹の屈曲とは、身体を丸める動作のことを言います!

皆さんがよくやる、ドラゴンフラッグやアブローラー、たしかに効いてる感はありますが、体幹の屈曲はあまりしないですよね??

つまり体幹の屈曲動作を行う、
クランチこそが溝のある腹筋を作る最も効率的な種目と言えます!

では具体的にはどうやるのか?
解説していきます!

まず仰向けになって、膝を軽く曲げた状態がスタートポジションです。
手は前でクロスします。
その状態から背中を地面に押し付けて骨盤後傾位を作ります。
そして息を吐きながら(ドローイン)ゆっくり身体を丸めて起き上がってきます。
起き上がってくる時のコツは、首→胸→お腹という順に丸くなってくるイメージです!

そして最大のコツは反動を使わずに、ゆっくりと身体を丸めながら起き上がってくること!!

以上のことを意識したクランチができていれば、おそらく10回でめちゃくちゃ腹筋がきつくなると思います!

是非、皆様も一度お試しください♪

Pick Up

効率のいい腹筋って??のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ