NEW

サイドレイズの腕の角度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はサイドレイズの際の腕の上げる角度についてお話ししていきます⭐︎

人によって 真横や、やや前方や、やや後方と言う方がいますが、果たしてどれが正解で、どこを基準に決めているのでしょうか?

サイドレイズは三角筋の中部繊維のトレーニングです!

中部繊維は肩峰〜三角筋粗面という、肩から腕にかけて筋肉が存在しています!

そして、肩を動かす大切なのが肩甲骨の動きです!

肩甲骨がないと腕の動きが固定できないために不安になり、うまく上げる事はできません。

その為サイドレイズの際の腕の角度は肩甲骨の角度‼️ つまり、肩甲平面に沿って上げるべきです!

肩甲平面とは、そのままの意味であり、肩甲骨そのものも角度です。

サイドレイズの際は、肩甲骨の外側に沿ってそのまま真っ直ぐに肩に向かう角度であげることが大切です!

人によって肩甲骨の張り付いている角度が平らな人もいれば、外側が内にくっついている人などいるので、一人一人のアライメントチェックした上で決めていきましょう。

肩甲骨を気にせず、適当にやっていると、インピンジメントや最悪の場合、ヒルサックスという肩関節の骨頭が欠けてしまったりもします!

怪我なく行うためにも一度パーソナルトレーナーに見てもらうのも良いと思います!

 

サイドレイズの腕の角度のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ